最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

ツアーコンダクター(添乗員)に求められる
資格、スキル、そして適正

資格、スキル、そして適正
ツアコンと呼ばれるトラベル関連職があります。正式にはツアーコンダクター、日本語では添乗員と呼ばれている職業です。団体旅行に出かけるとガイドさんの役割を果たしてくれる人が、ツアコンです。
このツアコンは旅の案内役であり、段取りをしてくれる人であり、旅の安全や快適を守ってくれる人です。旅行客と同行してお世話をするため、仕事であちこちに旅行ができるということでも知られていることからトラベル業界への就職ではこのツアコンを希望職種としている人も少なくありません。
それでは、ツアコンになるにはどんな資格やスキルが必要になるのでしょうか。そして、どんな人がツアコンに向いているのでしょうか。ツアコンについて多くの人が持っているイメージの裏側も含めて解説していきたいと思います。

オープンキャンパス開催中!

IR[統合型リゾート]のお仕事体験や、業界説明会を開催しています。
IR[統合型リゾート]業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

旅行を仕切り、成功に導く「ツアコン」

旅行を仕切り、成功に導く「ツアコン」 トラベル業界ではツアープランナーの人たちが団体旅行を企画して、それを営業マンが販売し、ツアコンがその団体旅行に同行します。つまりツアコンとはトラベル関連職の中でも最もお客さんに近い存在です。 皆さんはツアコンというと、どんな仕事を想像されますか?団体旅行の先頭を歩いて旅行会社の旗を持ってお客さんを案内している人というイメージを持っている方が多いと思います。もちろんこれもツアコンの仕事のうちなのですが、さまざまな仕事のうちのひとつでしかありません。ツアコンの仕事はもっと幅が広く、奥が深いのです。 難しい言葉でいうと、ツアコンの正式な仕事は旅程管理です。企画された旅行が計画通りに進むよう、その段取りと安全を管理するのがツアコンの本来の役割です。 国内旅行であればそこまで安全に配慮することはないかも知れませんが、海外旅行ともなると話が違ってきます。空港で航空券の手配や受け取り、現地での注意事項説明やホテルでのチェックイン・チェックアウト、レストランでの席案内や観光地でのガイドなど、海外旅行になるとツアコンの役割はさらに大きくなります。 また、能力や場合によってはツアコンが通訳の代わりを務めることもあるでしょう。 ツアコンが単なる案内役に留まらず、旅行全体を守る存在であることがお分かりいただけると思います。

ツアコンには資格が必要です

あまり知られていませんが、ツアコンは誰もが今すぐなれる職業ではありません。というのも、ツアコンには資格が必要だからです。ツアコンの仕事は旅程管理であるとすでに述べましたが、その旅程管理の能力を認めるための「旅程管理主任者」という資格があります。ツアコンとして働くには、この資格を持っている必要があります。 旅程管理主任者資格には、2つの種類があります。1つは「国内旅程管理主任者」で国内旅行専門、もう1つは「総合旅程管理主任者」といって国内と海外の両方を担当できる資格です。 なお、トラベル系の資格には「旅行業務取扱管理者」という有名な資格がありますが、これは添乗業務ではなく旅行代理店の業務を行うことができる資格なのでお間違いなく。

どんな人がツアコン向きか

トラベル業界全体に言えることですが、この業界には適性がかなり影響すると言える部分があります。なぜなら、旅行が好きでないと仕事を楽しめないでしょうし、お客さんに楽しんでもらいたいというサービス精神がなければ良いサービスも生まれてこないのではないかと思うからです。 それを踏まえてツアコンに向いている人というのは、やはり「人と接するのが好き」であること、そして楽しんでもらいたいというサービス精神、さらには人が喜んでいることを実感すると喜びを感じられる人です。実際に成功しているツアコンの人たちを見ていると、こうした資質を持っている人が多いように思います。 ツアコンになるために必要な知識やスキル、そして資格取得のための対策については、どれも当校で学ぶことができます。大切なのはその前に「自分がツアコン向きか」という問いに対する答えです。ここでいう資質に1つでも当てはまるという人はツアコン向きだと思います。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動