最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

ツアー企画のプロになりたい!
そんな人に必要な3つのこと

そんな人に必要な3つのこと
ツアーの旅程や内容、お楽しみのポイントなどを企画するのがツアープランナーという職業です。トラベル業界にあるさまざまな職業の中で、特に人気の職業と言って良いでしょう。
人気職業だけに就職を希望する人も多く、そうなると他の人より優れた何か、他の人にないものをアピールしていく必要があります。ツアープランナーを目指す人にとって、単に「目指しているだけ」では夢をかなえるのは難しいかも知れません。
それでは、どんな自分になることが重要なのでしょうか。そのためのポイントを3つにまとめてみました。
ツアープランナーとは成功するツアーを作り出す人であるという大前提を踏まえて、「必要なこと」を解説します。

オープンキャンパス開催中!

IR[統合型リゾート]のお仕事体験や、業界説明会を開催しています。
IR[統合型リゾート]業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

ツアー参加者の目線

ツアー参加者の目線 ユーザー目線という言葉をご存知でしょうか。お客さんの目線になってモノを売ったり、商品開発をしたりするテクニックのことです。ここでテクニックと言いましたが、ユーザー目線は小手先のテクニックではなくその人の仕事に対する姿勢や習慣そのものだと思います。 ツアーに参加した人が、どんなツアーであれば楽しいと思ってもらえるか、自分だったらどうなのか?このように自分ではない人に売るモノに対して「自分ならどうなのか」という視点を持つことが、ユーザー目線です。 ここでひとつ、とても重要なことにお気づきではないでしょうか。トラベル業界で活躍している人に共通する、ある重要なポイントです。それは、「自分自身も旅行好きである」ことです。自分が旅行好きなのであれば、自分が楽しいと思えるツアー企画を考えやすいはずです。中には「これまでにない企画を実現したいのでツアープランナーになった」という人も実際にいます。こうした人がトラベル業界でツアープランナーとして活躍できる可能性があることは、言うまでもありません。 しかし、ツアー企画には予算やさまざまな制約があります。それをいかにプラスに転じて参加者に楽しいと思ってもらえるか、「この価格なのに内容が充実している」と思ってもらえるか。ここでもユーザー目線が威力を発揮します。

リスク予測、管理能力

旅行好きの方であれば想像がつくかも知れませんが、旅行というのは予想外の出来事やハプニングの連続です。 悪天候によって飛行機が欠航になったり道路が通行止めになることは十分考えられますし、海外旅行であればパスポートの紛失や盗難、さらには貴重品を紛失したことによって旅行が継続できなくなる場合など、挙げればキリがないほどのリスクと隣り合わせです。 こうしたリスクをいかに予測して不測の事態が起きないようにするか、もしくは起きてしまっても適切に処理できるようにしておくかはツアープランナーの腕の見せ所です。 細かいことですが、高齢の参加者が多いと見込まれるツアー企画で階段を多く登る内容はおすすめできませんし、家族連れの参加者が多いツアー企画で危険な場所がある旅先は不向きでしょう。 どんなリスクや危険があるかを予測するのは経験によるところも大きいのですが、ツアー企画をイメージして考えられるリスクをピックアップするのもひとつのスキルです。

経験という引き出し

トラベル業界を目指している人であれば実感していることだと思いますが、最近では旅行に対する価値観が多様化しています。かつては定番の観光地、定番のコース、定番のツアー企画というものがあって、それに当てはまる内容であればある程度お客さんを集めることができました。 しかし、今は違います。それぞれの旅行会社が個性を発揮したツアー企画を売り出しており、お客さんはその中から自分に合ったものを選ぶ時代です。「これまでと同じ」「他社と同じ」では魅力あるツアー企画を実現することはできなくなってきているのです。 そこで重要になるのが、経験という引き出しです。就職前の人に経験はないと思われるかも知れませんが、旅行好きな人であればそんなことはありません。これまでに自分が行ってきたたくさんの旅行経験から気づいたこと、テレビの旅番組や旅雑誌などで見たものから「もっとこうだと楽しいのに」と思えることなどを仕事で発揮すると、他の人にはできないツアー企画が出てくることでしょう。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動