最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

ツアープランナーの仕事内容と面白さ&難しさをマルっと解説します

ツアープランナーの仕事内容と面白さ&難しさをマルっと解説します
トラベル業界は人気業界なので、この記事を読んでいる方の中にも将来の仕事として考えている方は多いと思います。しかもそんなトラベル業界の中でも人気職種と言われているのが、ツアープランナーです。
ツアープランナーというのは職業名ですが、実は多くの人がすでにツアープランニングを経験していることにお気づきでしょうか。よほどのことがない限り旅行をしたことがないという人は珍しいと思います。それだけ多くの人が経験している旅行の計画は、誰かが立てているはずです。自分の旅行なら自分自身で立てますし、自分を含むメンバーで行く旅行でその計画を立てた経験がある方もいるかと思います。これらすべてがツアープランニングであり、ツアープランナーはそれを仕事にしている人たちです。
プロの仕事だけに一般の人がやってきたツアープランニングとは内容もレベルも違うわけですが、そんなツアープランナーというのはどんな仕事なのでしょうか。トラベル業界を目指そうとお考えの方に知っておいていただきたい業界知識です。

オープンキャンパス開催中!

IR[統合型リゾート]のお仕事体験や、業界説明会を開催しています。
IR[統合型リゾート]業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

まずは、ツアープランナーという仕事について

まずは、ツアープランナーという仕事について 旅行会社は、単にお客さんからの依頼で交通や宿泊の手配をするだけが仕事ではありません。旅行会社自身が企画をして、その旅行に参加者を募集するという形の商品があります。たいていは交通手段と宿泊や滞在がセットになっているので、こういう旅行のことをパッケージツアーといいます。
パッケージツアーで参加者を集めるためには、そのツアー内容が面白くなければなりません。つまり企画の成否を握っているのはそのツアーを企画する人であり、それがツアープランナーです。
ツアープランナーというと旅行会社が就職先だというイメージが強いと思いますが、それ以外にも旅行部門を持つ会社全般が就職先の選択肢になります。航空会社や鉄道会社、バス会社などにも旅行企画部門があるので、そういった部門で活躍しているツアープランナーもたくさんいます。
単に旅行の企画といっても、それはとても奥が深いものです。自分以外の人も参加する旅行に計画を立てたり、その段取りを任されたことがある人であれば心当たりがあるかも知れませんが、旅行に参加する人の全員が楽しめることや、時間が足りなかったり余ったりといったように最適なスケジュールを組むのは意外に難しいことです。ツアープランナーはそれをプロとしてこなす人たちなので、経験や引き出しの多さがものを言う職業だと言えるでしょう。
参加した人が楽しかったと思える旅行企画は、その企画が成功したという「結果」です。つまりツアープランナーの仕事が成功したわけで、そこには実に緻密な計算があります。参加者の趣向に応じた行先の選定、無理のないスケジュール、行先の観光地を最も魅力的に感じられるタイミングを計ることなど、これらがうまくはまり込んだ時というのは、ツアープランナーも思わずガッツポーズをしたくなる瞬間でしょう。

ツアープランナーに求められること、なり方

ツアープランナーに求められること、なり方 先ほどツアープランナーとしての成功には、経験や引き出しの多さが重要であると述べました。こうした知識が多ければ多いほど魅力的なツアーを企画しやすくなるので当然なのですが、こうした知識は就職後に経験や勉強によって学んでいけることです。
もちろん、学生の段階や、就職の段階で完成している必要はありません。ただ、トラベル業界を目指す人の多くは旅行が好きという人なので、自分が好きな旅行先についての知識や思いを持っていることはトラベルの仕事への熱意を示すという意味でも大切だと思います。
また、知識や経験という後から身につけるスキルの前に重要だと思うのが、「提案力」と「伝える力」です。
提案力とは、数ある旅行先や観光地、アクティビティなどから旅行に参加する人の目的に応じて旅行を組み立て、それを提案する能力です。例えば修学旅行の企画を依頼された場合、その旅程がショッピングや自由行動ばかりだとしたらどうでしょうか。学生さんたちは楽しいかも知れませんが、それは単なる旅行であり修学旅行とは言えないでしょう。何か思い出に残るような経験や学びがあってこその修学旅行です。
もうひとつの「伝える力」とは、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力とも呼ばれているスキルです。旅行企画についてその趣旨や目的、魅力などを伝えることができなければ、その旅行企画の良さを理解してもらえません。その旅行を通じて何を経験してもらいたいのか、どう感じてもらいたいのかという思いを持ち、それを正確に伝える能力はとても役に立ちます。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校ではトラベル業界を目指す人のために、この2つの力を養うカリキュラムを採り入れています。もちろんツアープランナーとして活躍するためのものですが、この2つのスキルを持っている人はあらゆる業界で活躍することができるので、持っていて損をすることは絶対にありません。

実際のところツアープランナーってどうなの?

実際にツアープランナーとして働いている人は、この仕事のことをどう思っているのでしょうか。実際に活躍している人に聞くと、仕事をしていて一番魅力に感じることは、「人に楽しんでもらう喜び」だとのことです。
自分が企画した旅行に参加した人たちが楽しそうにしていたり、「参加して良かった!」と言ってもらったら、そんな嬉しいことはありませんよね。旅行のプロであるツアープランナーは、その喜びを日常的に味わっているのです。
その一方で、自分が出掛ける旅行と違って仕事で企画する旅行にはさまざまな制約や取り決めがあります。好きなことを何でも組み込んでしまったら旅行代金が高くなってしまうでしょうし、会社が利益を出せないとしてNGを食らうこともあるでしょう。
また、旅行企画の中にどうしても組み込まなければならないような要素があったりと、自分の思いだけで仕事をすることはできません。そんな与えられた枠組みの中で、いかに魅力的な企画を実現するか。これがプロのツアープランナーとして腕の見せ所なのです。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動