最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

現役ツアーコンダクター(添乗員)の本音と、なりたい人が知っておくべきこと

現役ツアーコンダクター(添乗員)の本音と、なりたい人が知っておくべきこと
旅行というのは、今も昔も多くの人から愛される楽しみのひとつです。最近では自分ですべての手配をする個人旅行を選ぶ人も多くなりましたが、旅行と言えば団体ツアーというように、今もツアコンダクター(添乗員)がつく団体ツアーの人気は衰えていません。
特に年配の方々などは「旅行といえば団体ツアー」「団体ツアーには添乗員が同行するもの」というイメージを持っている方が多く、こうした世代の人たちが増えていることも相まって団体ツアーは人気です。
もちろん年配の人たちだけでなく、学生向けには修学旅行や部活の遠征、会社向けの慰安旅行や社員旅行など、若い人たちが参加するような団体ツアーもたくさんあります。ツアーコンダクター(添乗員)は、こうした旅行に同行をして旅が無事に進むように段取りをして、楽しんでもらう職業です。
略してツアコンとも呼ばれるこのツアーコンダクター、すでに現役として活躍している人にとってはどんな職業なのでしょうか。旅行好きな人にとって真っ先に思い浮かぶ職業の代表格というイメージを持っている人も多いですが、そのイメージと実際の部分の比較もしてみたいと思います。

オープンキャンパス開催中!

IR[統合型リゾート]のお仕事体験や、業界説明会を開催しています。
IR[統合型リゾート]業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

ツアコンは旅行がそのまま仕事になる職業

ツアコンは旅行がそのまま仕事になる職業 旅行が好きな人にとって、それが仕事になるのは夢のような話です。ツアーコンダクターは団体ツアーの参加者に同行をするため、仕事で旅行ができる数少ない職業です。商品としての団体ツアーなので、行先はもちろん多くの人が行きたくなるような観光地であったり景勝地であったりします。そんなところに何度も行けてお給料がもらえるのですから、やはり旅行が好きという人にとっては魅力的な職業であることに間違いありません。
現役のツアーコンダクターに聞くと、多くの人から「机に向かってジッとしているよりも動き回っているのが好き」という答えが返ってきます。ジッとしているよりも旅行に出かけたいという人たちなのですから、仕事であちこちを飛び回ることができることに魅力を感じていることが分かります。 もちろん仕事なのでツアーに参加している人たちのお世話をしながら旅行をリードしていく必要があります。不測の事態に対応するのも仕事のうちなので、トラベル職のスキルだけでなく、もっと幅広い能力が求められます。
旅をしながら同じ時間や空間を共有するにつれて、参加者とツアーコンダクターの間には信頼関係が生まれてきます。その信頼関係から生まれる旅先の感動は、自分だけで行く旅行よりも大きなものがあるというのも、多くのツアーコンダクターが話す仕事の魅力です。

ツアーコンダクターといっても身分はさまざま

ツアーコンダクターといっても身分はさまざま ところで、ツアーコンダクターは旅行会社の社員であると思っている方は多いのではないでしょうか。もちろん旅行会社の社員として活躍している人が大半なのですが、実はそれだけではないところがこの職業の面白いところです。
最近、テレビなどでカリスマ添乗員と呼ばれるような人たちが登場して旅行を面白く語っている様子を見ることが多くなりました。こうした人たちが続々と登場しているのはツアーコンダクターの新しい価値だと思います。「〇〇(地名)に行きたい」という目的ではなく「〇〇さん(ツアーコンダクターの名前)の旅行に参加したい」と考える人が出てくることで、ツアーコンダクターそのものに商品価値が生まれています。
こうした有名なツアーコンダクターの中には自分の事務所を立ち上げてフリーで活躍している人もいます。こうなると単なるツアーコンダクターというより、もはやタレントですね。当然収入も多くなりますし、この職業で大成功をするひとつの道だと思います。
その他にもツアーコンダクターなどトラベル業界に特化した派遣会社があるので、そこに所属してさまざまな旅行会社の団体ツアーに同行するというツアーコンダクター職人のような人たちもいます。特定の働き方にこだわらないというのも、実力だけで勝負できるツアーコンダクターという職業の大きな特徴です。

ツアーコンダクターで活躍する人ってどんな人?

ツアーコンダクターはタレントのようなもの、と前項で述べました。しかし厳密にはツアーコンダクターとタレントには、大きな違いがあります。それはツアーコンダクターにとってのお客様とはツアーに参加している人たちで、その人たちが安全・快適に旅を楽しめるようにあらゆる仕事をすることです。団体ツアーというだけあって多くの人が参加しているわけですが、その1人1人がもれなく楽しめるようにするのがツアーコンダクターの役目です。
団体ツアーに同行しているツアーコンダクターが携帯電話を持ちながら何かを打ち合わせをしている光景をよく目にしますが、それは次の行き先で準備が整っているかといった確認をしていることがほとんどです。常に次の旅程を意識しながら参加者が気兼ねなく旅行を楽しめるようにする縁の下の力持ちなのです。決して簡単なことではありませんが、それができているツアーコンダクターは参加者から信頼され、その積み重ねで社内でも信頼される人になっていきます。実力をつけた人が独立できるのは、この信頼に裏付けられた顧客がいるからです。それに加えてツアーに参加してくれた全員に楽しんでもらいたい、いい思い出を作ってもらいたいというサービス精神を発揮できる人がより成功するツアーコンダクターとなるのです。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動