最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

現役のブライダル職に聞いた、
この仕事に就いて良かったこと

こんな自分になりたい!と憧れの職業を見ている時というのは、まだ夢という部分も多々あるのですが、念願かなってその職業についたらそれが現実になります。夢という視点で見ているうちは良い方ばかりに目が行ってしまいがちですが、実際にそれが現実となったらどう見えるのでしょうか。
ブライダル職に就いて活躍中の人たちは、この職業のことをどう思っているのか?その疑問を解決するべく、本物のプロに話を聞くことができました。ブライダル職についた人の現実について、本音トークでお届けしましょう。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

結婚式という表に見えている部分だけが
仕事ではない

ブライダル関連職のうち、最も人気なのがブライダルプランナーです。結婚式をプロデュースするという、新婚カップルにとっては一生の思い出を創り出す仕事なので、人気が高いのは当然と言えるでしょう。
現役のブライダルプランナーとして活躍している人の話によると、真っ先に出てきたのが「ブライダルプランナーは単に結婚式をプロデュースするだけの人ではない」という言葉です。ではその他に何をするのでしょうか。
結婚式の当日というのは結果であり、そこに至るまでには企画段階で打ち合わせや提案などを行い、新婚カップルと一緒にプロデュースをしていきます。その段階からクライアントである新婚カップルに寄り添っていくことが、実はとても重要なのです。
そこから創り出された結婚式というのは、まさに集大成でありクライマックスです。特に花嫁にとって結婚式は特別なものなので、当日不安になってしまいがちな花嫁に寄り添いアテンドするのも大切な仕事です。
この一連の仕事をすべて完結できた時に、ブライダルプランナーの仕事が完成します。「最初から最後までありがとうございました」という言葉がもらえた時の嬉しさは、最初からともに創り上げてきたからこそ感じられるものです。

一流であることも仕事のうち

結婚式では新郎と新婦が正装をして式に臨みます。それは和装であっても洋装であっても同じで、もちろん身内の人たちは出席者も同じです。このことからも分かるように、結婚式というのはお祝い事である一方で、とてもフォーマルな場所でもあるのです。
そんなフォーマルな場所をプロデュースするのですから、ブライダルプランナーもフォーマルであること、つまり一流であることが求められます。接遇、言葉遣い、立ち振る舞い、歩き方にいたるまですべてにおいて一流であることも仕事のうちなのです。
これと同じく、一流であることが求められる職業があります。色々とある中で代表的なのはホテリエ(ホテルマン)でしょう。結婚式はホテルで行われることが多いですが、それはホテルという空間がフォーマルな式を行うのに適しているからです。
こうした事情を踏まえて、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校ではブライダル関連学科を含む多くの学科で、ホテリエとして通用するような一流の身のこなしをレクチャーしています。
言い方はキツいかも知れませんが、三流のブライダルプランナーには、三流の結婚式しか創れないのです。一流のプロとなるために、すでに一流の仕事をしているプロから教わる本物のホスピタリティを、ぜひ当校で身につけてください。

職業であり、芸術家でもある

ブライダル業界を目指している人であれば強く感じていることだと思いますが、最近では結婚式に対する価値観が多様化しています。「こうでなければならない」という形をそれほど意識せず、自分たちが思う形で結婚式を挙げたいと考える人が多くなっています。それを反映するように、ブライダルプランナーの仕事も多様化しています。
これはつまり、さまざまな価値観を持ったブライダルプランナーが求められているということでもあります。人とは考え方が違うということも、今は武器になるのです。
結婚式をプロデュースするという作業は、とてもクリエイティブな作業です。ある意味、芸術家の要素も含まれる仕事です。それだけに、持ち前のセンスや自分としてやりたかったことなどをどんどん発揮して、他の人にはマネのできないプロデューサーになることが業界で成功する一番の秘訣だとプロは話します。
当校ではブライダル職に就くために必要な知識やスキルを身につけることができますが、プロが本音で話しているような価値も大切にしています。人にはできない結婚式を実現できるようなオンリーワンのプロを目指す方も、ぜひその扉を当校で開いてみてください。
今大切なのは、「こんなブライダルのプロになりたい」という強い思いです。このお話を聞かせてくれたプロも、そんな強い思いを持ち続けたことで夢をかなえた一人なのですから。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動