最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

フラワーの技術を持ったブライダル人材は「花」をここまで仕事にできる

私たちの身の回りには、「花」があふれています。ホテルや商業施設などにはほぼ必ずと言って良いほど花が飾られていますし、趣味で家に花を飾る人はたくさんいます。
結婚式でたくさんの花が演出に使われているのも、それだけ多くの人が花に対して特別な思いを持っているからです。「花泥棒に悪人はいない」なんていう古い言葉もありますね。
花のない結婚式は考えられないという事実を踏まえて、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の「ブライダル総合コース」にはフラワーアレンジメントの実習がカリキュラムに含まれています。
これはブライダル関連の道に進む人に必要なスキルだからという理由もありますが、フラワーの知識やスキルがそれ以外にも活躍できる可能性を大きく開いてくれるという理由もあります。
ブライダルとフラワー、この2つのスキルを持った人には、どんな未来の可能性があるのでしょうか。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

世の中は「花」がなければ成立しない?

冒頭でも述べたように、私たちの身の回りにはたくさんの花があふれています。高級ホテルのロビーやレストラン、パーティ会場、冠婚葬祭の会場、美容室などなど、これらの場所には常に美しい花が飾られています。
これって誰が飾っているか考えたことはありますでしょうか?もちろん素人ではなく、フローリストというフラワーの専門家です。結婚式の会場ももちろんそのひとつですが、注目なのは他にも葬儀やお通夜などといった冠婚葬祭のセレモニーでも花は欠かせないという事実です。
これだけ花が活躍する場所が多いとなると、その専門家であるフローリストの活躍シーンもとても多いということになります。まさに、世の中は花がなければ成立しないと言っても良いほどです。

花のある空間を知る人は、フォーマルを知る人

先ほど挙げたような場所に飾られている花は、単に美しいだけでは意味がありません。それぞれの季節を表現したものであったり、その場所やそこで行われている行事の趣旨に合ったものでなければなりません。 少し考えていただくと分かると思いますが、いくら美しいからといって葬式に飾るような花を結婚式の会場に飾られたら誰でもおかしいと思いますよね。
このように花が必要な場所、フローリストが活躍する場所の多くには、「フォーマルな場」という共通点があります。どの花がこの場所にふさわしいのか、季節によってどんな花を選ぶべきなのか、どんな生け方で演出するのが良いのか・・・こうしたフォーマルな花の知識が求められるシーンで出番となるのが、ブライダルの知識です。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の「ブライダル総合コース」がフラワーアレンジメントの実習カリキュラムを導入している理由も、まさにこれです。 フォーマルな知識の集大成とも言えるブライダル職のプロになるのに、フラワーの知識があって損になることは絶対にありません。

ブライダル総合コースにフラワー実習が目指すもの

先ほど、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の「ブライダル総合コース」にはフラワーアレンジメントの実習カリキュラムが含まれていると述べました。ここでお伝えしたいことは、フラワーアレンジメントの「総論」ではなく、「実習」を重んじていることです。
他人がやったことを学ぶよりも自分で体験したことのほうが身につくのはすべての学問に言えることですが、フラワーアレンジメントには特にそれが当てはまります。というのも、フラワーアレンジメントで使うのは本物の花であり、生き物だからです。絵を描くように自分の都合だけではうまくアレンジできない難しさも、ぜひ体感してほしいと思います。
すべてにおいて実践的な人材の育成を行うのが福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の方針なので、こうした実習を通じて「フラワーの知識にも精通したブライダルプランナー」となり、就職活動を有利にするだけでなく就職後にもその強みを発揮してほしいと考えています。

フラワーの世界では男性が多数活躍中

ところで、ここまでのフラワーアレンジメントのお話で性別のことに全く触れてきませんでした。「お花」というと何となく嫁入り修行のようなニュアンスがあるので女性の世界だと思われるかも知れませんが、性別の区別がほとんどないのがフラワーの世界の面白いところです。
日本に古くから伝わる華道はひとつの芸術として確立していますが、有名な華道家の面々を見ると男女それぞれに一流の人たちがいます。テレビにもよく登場する世界的な華道家も男性ですね。性別による格差がないというのは、他の部分においてもフェアな世界です。経験や技術、引き出しの多さなどその人の腕一本でどんどん上を見ることができるというのは、とても夢があるのではないでしょうか。
「ブライダル総合コース」が育成するのは「フラワーの知識を持ったブライダル業界のプロ」ですが、そこからフラワーの世界への興味が大きくなればフラワーの道でプロになることもできるのです。 そんな未来の大きな可能性を、ぜひこの「ブライダル総合コース」で切り拓いてください。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動