最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

人口減少なのにブライダル業界は右肩上がり!その理由と将来性

すでにあちこちのニュースなどで指摘されている通り、日本はすでに人口が減少し始めています。人口が減っている最大の原因は少子化なので、子供が少なくなるということは結婚式を挙げる新婚カップルも減ることになります。
それなのに、ブライダル業界は成長を続けており、今もその盛り上がりは衰える気配がありません。人口が減っているのに、なぜブライダル業界は元気なのでしょうか?そして、これからブライダル業界を目指す人にとって大きな関心事である、これからのブライダル業界はどうなっていくのでしょうか?
その理由を解説するとともに、人口が減っていくこれからの時代にふさわしいブライダルのプロのあり方を解説したいと思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

「量」は減っても「質」はむしろ上がっている

結婚情報誌「ゼクシィ」の調査によると、ブライダルに使うお金の総額が平均で約359万円という結果が出ています。これが高いか安いかということを考える際に、他のものに対する金銭感覚と比べてみてください。300万円以上ものお金を使うことって、家を買うか車を買うかということ以外に、なかなかないですよね。それだけ結婚という人生の大きなイベントに対してお金を使う人がたくさんいるということです。
その一方で、結婚式の「量」は確実に減っています。少子化で人口が減るだけでも単純に結婚をする人が減っていくのは間違いありませんが、その上に非婚化といって結婚をせずに人生を終える人も多くなっています。いわばダブルパンチである上に、結婚をするといっても身内だけでささやかに結婚式をする、もしくは結婚式そのものをしないという人も出てきているので、ブライダル業界の「量」だけを見ると将来性がないようにも見えてしまいます。
しかし、先ほどのデータのように結婚式をする人は以前よりもお金をかけるようになっているので、二極化が進んでいるというのが正しい認識でしょう。また、それに加えて政府が少子化対策を色々と打ってきているので、年によっては出生率が若干改善しています。
今後のブライダル業界を考える上で、これらの事実は知っておくべきでしょう。

「量」より「質」、そんな時代の結婚式事情とは

以前よりも結婚式にお金をかけるようになってきた「質」の時代に、新婚カップルは結婚式に何を求めているのでしょうか。それを端的な言葉で表すと、一生の思い出です。結婚をする人の率が下がってきているということは、以前よりも結婚する人の特別感が増します。結婚する人=とても幸せな人という価値観が強くなっている昨今では、それを示すように結婚式でも自分たちの特別な思い出をアピールしたいという思いが強くなるのかも知れません。
それを示すように、もうひとつ面白い傾向があります。それは、結婚式を挙げる人の招待人数です。結婚式にかけるお金が以前よりも高くなっているということは招待客も多くなっているはずと思いきや、実は全体平均としてわずかに減っています。人数が多い=幸せも大きいということではなく、本当にその特別な日を見届けてほしい人にだけ来てほしいと思う傾向の表れで、やはりここにも「量」より「質」へのシフトが感じられます。

ブライダルプロデューサーにも
「質」が求められている

「質」が求められている昨今のブライダルでは、プロに何が求められているのでしょうか。これまでであれば、無難に結婚式を執り行うことができる能力だったことでしょう。親戚など身内の人の中には儀式としての結婚式をしっかりやってくれることに価値観を感じていた人も多かったので、作法やマナーなどをしっかりと押さえた結婚式であれば誰もが満足できていました。
しかし、今は違います。作法やマナーなどの基本はもちろん押さえておく必要はありますが、その上で自分たちにしかないような思い出、演出が求められています。ここが今時のブライダルのプロに必要な資質で、他の人にはないような知識や経験、価値観などが武器となるわけです。
「ブライダルのプロとして当然のスキル」に何を乗せられるか、何を見せられるか。ここにこれからのブライダル職の腕の見せ所があります。仮にブライダル市場がいよいよ縮小してしまうようなことがあっても、そんなオンリーワンのプロは活躍し続けられるでしょう。

「質」を磨くためには

ブライダルに必要な作法やマナーなどは、学校で学ぶことができます。しかし、それだけではオンリーワンのプロなることができないので、自分探し、自分磨きが重要になります。
これについてはすべての人に同じカリキュラムが通用するわけではなく、実践を通じて自分で気づき、磨いていくのが一番です。就職してから経験を通じて自分らしさを出していくこともできると思いますが、それだと就職する前の段階でうまくいかなければ能力を発揮できずに終わってしまいます。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のブライダル関連コースでは、どれも実習に力を入れています。いずれも現場で活躍してきたプロの指導によるもので、学生の間に就職をしたときと同じような経験を積むことができます。自主性を重んじる実習を通じて、自分には何があるか、自分だけにあるものとは何かを見つけるお手伝いをします。
当校の実習を受ける方には、そんな目的を意識してもらえるとよりその機会が生きてくると思います。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動