最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

ブライダルプランナーってどんな仕事?という疑問にリアルな回答をします

ブライダルプランナーになりたい!と思った次に、多くの方の頭に浮かんでくる疑問があると思います。会社に就職するとブライダルプランナーになれるの?待遇は?給料は?休日は?やりがいや役得は・・・?といった具合です。この他にも気になることはたくさんあると思いますが、ここではブライダルプランナーとはどんな仕事なのか?というリアルな姿に迫ってみたいと思います。
ただぼんやりと憧れているという方も多いかも知れませんが、ブライダルプランナーの姿をもっとリアルに感じることで、より明確な目標を持つことができると思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

こんな企業や職場がブライダルプランナーを募集している

ブライダルプランナー、もしくはウェディングプロデューサーと呼ばれる職種を最も多く募集しているのは、ブライダルプロデュース会社です。会社の事業がそのものずばりのブライダルプロデュースなのですから、そのための人材を多く求めているのは当然でしょう。
最大手の一つが、「ワタベウェディング」という会社です。全国展開をして多くの結婚式プロデュースを手掛けており、それぞれの拠点では多くの現役ブライダルプランナーが活躍中です。
少し意外に感じるかも知れませんが、結婚式場やホテルといったように結婚式を多く開催している会社が直接ブライダルプランナーを募集することは少なく、ワタベウェディングのように外部のプロデュース会社がそれぞれの会場で行われる結婚式を演出するという形になっています。
プライダルプロデュース会社以外の選択肢としては、ドレスショップやフラワーショップといったようにブライダルの周辺業界からも求人が出ています。それぞれの会社が事業として結婚式に関連する業務を行っている場合、ブライダルに精通した人材が欲しいということでしょう。
雇用の形態は正社員として在籍する以外に、派遣会社に登録をして派遣社員としてブライダルの現場に赴くというパターンもあります。 職種や働き方が多様なのも、ブライダル業界の特徴です。選択肢はとても多いので、「ブライダルを仕事にする」という目標にはきわめて現実味があります。

ブライダルプランナーが担当している仕事内容

ブライダル関連の職業を目指す人を見ていると、やはりサービス精神が旺盛で「一生モノの思い出を形にしてあげたい!」という思いを持っている人がとても多いと感じます。
そんな思いがブライダル業界への志望動機になっているのは間違いなく、そんな思いを仕事にしませんか?というようなニュアンスの求人が多く見られます。こうした求人で採用されると、その思いが現実になります。

ブライダルプランナーはどんな待遇で働いている?

もちろん、憧れだけで職業を選ぶわけにはいきません。仕事とは生活を支えるためのものでもあるので、待遇や収入面についても見ておきましょう。標準的なブライダルプランナーの求人から得られたデータをもとに解説します。
20代で勤続年数が5年前後の人の収入モデルは、年収400万円前後です。さらに年数を重ねて30歳になると、400万円の大台を超えて450万円を超えてくるようになります。
この収入モデルが他の職業と比べて多いか少ないかを、これだけで判断するのは難しいでしょう。そもそも他の職業とは仕事の内容も違いますし、好きなことを仕事にしていると思う人にとってはたくさんもらっていると感じるかも知れません。数値だけのデータで客観的に見ると、ブライダル業界だからといって突出して収入が高いわけではなく、また逆に少ないわけでもありません。
面白いのは、ブライダル業界の職業は能力主義となっている会社が多いことです。全国展開をしているようなブライダル企業で店長や拠点長などのポストについている人はそれに見合った手当も支給されているので、当然年収は500万円を優に超えるクラスになります。このあたりは就職してからの精進が、その後の年収に大きく影響すると考えて良いでしょう。
休日については、ブライダル業界特有の事情があります。結婚式は土日や祝日に集中するため、一般的に休日とされている日が勤務日になることがほとんどです。もちろんその代わりに平日に休みを取れるので、それをいかして安い時期に旅行に出るという人もいます。

ブライダルプランナーの「役得」も知りたい

一生の思い出作りに関わることはブライダルプランナーの大きなやりがいですが、それ以外にもリアルな「役得」もあります。せっかくなので、それもご紹介しましょう。
「リゾ婚」という言葉をご存知でしょうか。リゾート地に行って現地で結婚式を挙げることですが、担当しているお客様がリゾ婚を希望した場合、もちろんブライダルプランナーもそこに行くことになります。海外のリゾート地を希望するお客様や、そうでなくても沖縄や北海道など旅行先として魅力のある場所が多いので、そこに仕事で行けるのは役得だと思います。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動