最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

ホスピタリティの仕事を目指す方必見!「正しい歩き方」という重要過ぎる基本

ホスピタリティが「魅力」となるような世界、例えばブライダル業界やホテル、エアラインなどはその典型です。こうした世界に憧れを抱く人はたくさんいますが、その理由のひとつがプロたちの美しい立ち振る舞いだと思います。こうした業界で活躍している人の姿は見ているだけで美しさを感じますが、この人たちが美しく見えるのには歩き方が大きく関わっています。
歩くというのは人間の極めて基本的な動作ですが、何も考えずに歩いているのと正しい歩き方を身につけた人が人からの視線を意識しながら歩くのとでは、全く見た目の印象が違います。
ブライダルやホテル、エアライン以外にも、正しい歩き方が求められる世界は他にもたくさんあります。百貨店や宝石店、高級ブランド店、高級車ディーラーなど、上質さが求められるこうした職場では、当然のように正しい歩き方が求められます。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校は、ホスピタリティを学ぶ学校です。その意味でも、カリキュラムの中には正しい歩き方や立ち振る舞いを学ぶレッスンもあります。理由はもちろん、正しい歩き方を必要とする各方面で通用する人材を育成するためです。
では、正しい歩き方とはいったいどんな歩き方なのでしょうか。それを知るにあたって必要な基本を解説します。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

歩くことは、人間の動作の基本中の基本となる

人間が行っているさまざまな動作の中で、歩くことは最も基本になるものです。ちょっとした外出ではもちろん、家の中でも必要に応じて人は歩きます。「今日はほとんど歩かなかった」と思っているような日であっても、実際に歩数計などで計ってみると結構な歩数を歩いていることに驚くこともしばしばです。
歩くことは単なる移動だけでなく、健康のための運動としても活用されています。ウォーキングは体への負担が少ない一方で運動効果が高く、いつでもできる手軽な運動ということもあって多くの人が実践しています。運動としてウォーキングをする場合であっても、体への負担軽減や運動効果を高めるという意味で、正しい歩き方があります。
その一方で、歩く動作を人に見せる空間があります。その典型がファッションショーです。ファッションモデルが歩きながらテーマとなっている衣装の美しさをアピールするのは、その服を買った人が街を歩いてアピールする場面をイメージしているからです。今年流行の衣装を身にまとって颯爽と歩くモデルの姿は美しさの象徴ですが、これも緻密に計算された正しい歩き方ができてこそのものです。

正しい歩き方は疲れを予防する

歩くという動作が人間のあらゆる動作の基本となる、と先ほど述べました。それはホスピタリティに関連するホテルやブライダル、エアラインなどの仕事でも同様です。これらの職業では歩いている時間や立っている時間が長いので、足腰に疲れが出るのではないかと思われがちです。
しかし、本当にそうなら年配の人には不可能な仕事ということになってしまいますが、実際にはたくさんのベテランがプロとして活躍しています。長い間同じ仕事をしていれば慣れるだろうと言われてしまいそうですが、彼らは慣れに加えて正しい歩き方、立ち方ができているので疲れにくいのです。
正しい姿勢ができていないと、同じところや偏ったところにばかり負担がかかってしまい、それが疲れや特定の場所を傷めてしまう原因になります。正しい歩き方ができていると見た目が美しいだけでなく、疲れや職業病を予防できるのです。

靴底が減らないことが正しい歩き方の証拠

ホスピタリティに関連する業界で長く働いている人に言わせると、正しい歩き方ができているかどうかを知るには靴底を見るのが手っ取り早いそうです。正しい歩き方ができている人は靴底の減りが少なく、靴が長持ちするといいます。
その逆に、靴底が早く減ってしまったり、特定の場所ばかり早く減ってしまうというのは靴底と床に摩擦が起きているからで、姿勢に何らかの問題がある証拠である、ということになります。
女性がこうした業界で働く際にはヒールのある靴を履くことが多いと思いますが、その場合だとヒール底の減りが早いか遅いかで、正しい歩き方ができているかがよく分かります。

正しい歩き方は、正しい美意識に宿る

疲れにくく靴底が減りにくいという、正しい歩き方。それを身につけるにはどんな歩き方をすれば良いのでしょうか。基本は左右のバランスを均等に保ち、姿勢を正しくして歩くということになりますが、これ以上のことを文章だけでお伝えするのは難しいでしょう。
学校内でのレッスンでは実際に歩いてもらい、そこで気づいた点を修正していくという形で正しい歩き方を身につけていきます。習うより慣れるというのは実践的なレッスンに共通することですが、それは正しい歩き方にも言えることです。
心の持ちようとして重要なのは、美意識です。単に目的の場所に移動するために歩くのではなく、たくさんの人が自分の歩き方を見ているという意識を持ち、どうすれば美しく見えるかを自分で考えることがとても重要です。
正しい歩き方、美しい立ち振る舞いは見ている人に満足感を与えることができます。満足感を与えるのはホスピタリティの基本なので、ぜひ「正しい歩き方」という概念をしっかりと意識してほしいと思います。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動