最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

憧れのブライダル職種ってどういうもの?必要なスキルは?資格は?お給料は?

ブライダルの仕事というと、どんな仕事を想像されますか?おそらく多くの方がブライダルプランナー(ウェディングプロデューサーともいいます)を思い浮かべると思います。結婚式そのものをトータルに演出する職業なので知名度も高く、多くの人から憧れの職業となっています。
しかし、人生の晴れ舞台であり仕掛けも多い結婚式には、実に多くのプロが関わっています。そんなブライダルを仕事にしている人気職業をご紹介したいと思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

ブライダル職業の代名詞ともいわれ知名度もNo.1の「ブライダルプランナー」

お客様の想いを形にして結婚式を企画するのがブライダルプランナーです。近年は特に形にとらわれず自分たちの結婚式をしたいと思う人は増えていて、ブライダルプランナーの活躍の場は多くなってきました。しかし、だからといって何をやってもいいというわけではありません。結婚式は新郎新婦だけのものではなく、親御さんなどご家族にとっての大切な日でもありますので、結婚式にまつわるしきたりやマナーなど、ブライダルプランナーには結婚式に関する総合的な知識が求められます。
また、結婚式に対する要望というのは実に幅が広く、出来ることと出来ないことがあるでしょう。無理そうだと思ったことでも「できません」と一言で終わらせるのではなく、何とか形を変えて実現する方法、一部だけでも実現する方法などを模索するのもブライダルプランナーに求められる仕事です。
そして結婚式のプロデュースは、会場づくりと花嫁づくりだと言われています。特に花嫁づくりについてはウェディングドレスの提案やヘアメイク、スタイリング、ウェディングドレス以外の衣装についてなど、いかに花嫁を華やかに彩るかというのは、腕の見せ所でしょう。
仕事そのものがお客様にとって一生の思い出になるため、お客様から感謝されることが多く、感謝の度合いも大きいので、やりがいを感じられる職業です。

結婚式のもうひとつの主役、ウェディングドレスのプロ「ドレススタイリスト」

テレビ番組の制作には衣装さんと呼ばれる、衣装のプロがいます。それと同じように、結婚式にも衣装のプロがいます。先ほども述べたように結婚式は花嫁づくりでもあるといわれているほど、花嫁を彩る衣装は重要な位置を占めています。
それだけ重要な花嫁の衣装の中でもダントツの存在が、ウェディングドレスです。ウェディングドレスには伝統を重んじるものや流行を意識したものなど実にたくさんのカテゴリーがあります。お客様の要望を聞き取りつつ、最適なウェディングドレスを提案するのがドレススタイリストの仕事です。
さらに、衣装映えという言葉があるように、衣装は着ただけでは輝きません。その衣装にふさわしい立ち振る舞い、キメのポーズなど、花嫁がもっとも美しく見える身のこなしをサポートするのも、もちろんドレススタイリストです。こうした身のこなしも含めて、写真にもビデオにも残ることになるので、とても大切な役目です。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のブライダルコースにマナーや立ち振る舞いといった総合的な人材育成を目指すカリキュラムがあるのは、ドレススタイリストにとってこの重要な役割を果たすためのものでもあるのです。

ブライダル職でありながら活躍の場が広い「メイクアップアーティスト」

花嫁づくりに欠かせないのが衣装ともうひとつ、そう、メイクアップです。いつもは自分でメイクをしている花嫁も、結婚式という特別な日はメイクのプロがメイクアップをします。その役目を担当するのが、ブライダルメイクアップアーティストです。「ブライダル」という名前がついていますが、ブライダル専門というわけではなくメイクアップアーティストにとってブライダルという活躍の場があると考えてください。
実際にメイクアップアーティストとして活躍している人の舞台はとても広く、ブライダル業界以外には美容室やテレビ、雑誌製作などのマスコミ関連、写真スタジオなど数え切れません。女性の美に対する思いは永遠のもので、それが続く限りメイクアップアーティストが不要になることはないのです。
メイクアップアーティストの仕事ぶりを想像していただくと分かると思いますが、この仕事は常にお客様に寄り添っています。ブライダルメイクアップアーティストの場合、結婚式の当日は花嫁に寄り添ってメイクだけでなく美しく見せるための総合的なサポートをします。その意味では信頼関係も大切なので、マナーにのっとったアテンドなど、学校で学んでおくべきことは多くあります。

結婚式に欠かせない花の専門家、「フローリスト」

「花」も、結婚式の会場づくりに欠かせない重要なアイテムです。こうした花を美しく演出しているのが「フローリスト」という花の専門家です。花の世界は実に奥が深く、単にきれいだからという理由だけで好きな花を飾ったとしても、コンセプトやその場のムードと合っていなければ意味がありませんね。フローリストは、花そのものだけでなく花に関する伝統文化や演出方法を身につけたプロなのです。
フローリストの活躍シーンは、ブライダル業界だけに限りません。会場装飾や企業の室内装飾などに至るまで、フローリストの役割はとても多いのです。そのため、人気職業のひとつでもあります。
国家資格としては「フラワー装飾技能士」という資格があります。フローリストになるには、西洋や日本それぞれの花に関する文化の知識や結婚式のしきたりなど、知識として持っておくべきことはたくさんあります。その一方で芸術家に近い職業でもあるので、色彩や空間演出などを総合的に網羅しておくと優秀なフローリストとなります。

最後に、気になるお給料事情

ここでご紹介した職業は、ブライダルプランナー、ドレススタイリスト、メイクアップアーティスト、そしてフローリストの4つです。それぞれ仕事の内容は異なりますが、いずれもブライダル業界と深く関わりのある職業です。
これらの職業に共通していることは、実力や経験、もっといえば実績がモノをいう世界だということです。最初は実務経験がほとんどない状態から始めても、仕事を続けていくうちに経験や実績が増えて、それに伴って実力も確実についていきます。
最初のうちは一般的な職業と特に変わらない給与体系ですが、経験や実力による評価でどんどん収入がアップしていくという、とてもフェアで夢のある世界です。
それと同時に、これらの職業に共通しているもうひとつのことは結婚式という人生の大きなイベントに直接関わるというプライスレスの価値です。お客様からとても感謝されますし、時には一緒に感動してしまうような場面に出会うこともあるでしょう。そんな気持ちで仕事と向き合える人は、この業界で成長していける人なのだと思います。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動