結婚式の価値観が多様化する時代、ブライダルのプロへの期待が拡大中

結婚式の価値観が多様化する時代、ブライダルのプロへの期待が拡大中

ブライダルに必要な作法やマナーなどは、学校で学ぶことができます。しかし、それだけではオンリーワンのプロなることができないので、自分探し、自分磨きが重要になります。
これについてはすべての人に同じカリキュラムが通用するわけではなく、実践を通じて自分で気づき、磨いていくのが一番です。就職してから経験を通じて自分らしさを出していくこともできると思いますが、それだと就職する前の段階でうまくいかなければ能力を発揮できずに終わってしまいます。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のブライダル関連コースでは、どれも実習に力を入れています。いずれも現場で活躍してきたプロの指導によるもので、学生の間に就職をしたときと同じような経験を積むことができます。自主性を重んじる実習を通じて、自分には何があるか、自分だけにあるものとは何かを見つけるお手伝いをします。
当校の実習を受ける方には、そんな目的を意識してもらえるとよりその機会が生きてくると思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

結婚式の「こうあるべき」がなくなってきている


先ほども述べたように、結婚式において「こうあるべき」「こうでなくてはならない」という価値観が徐々に失われつつあります。もちろん最低限守るべきしきたりやマナーはありますが、結婚式全般において無難さを求めるケースが減ってきています。筆者が結婚式を挙げた時は妻の両親から「引き出物に赤飯は絶対必須」と言われたものですが、今では引き出物すら出さない結婚式も普通にあります。
この価値観の変化は、結婚式だけに見られるものではありません。かつて結婚式というと親御さんのためにやるようなものだったので、親御さんが思う形になっていることが親孝行でした。しかし今では世代が変わってそこまで結婚式に口出しをする親御さんがいなくなり、それに代わって結婚式を挙げる当の本人たちが「自分たちのための結婚式」という意識を持つようになったことで、価値観が多様化してきているのだと思います。
これまでであれば親御さんのNGによってできなかったような演出も、今では本人たちが望めばアリです。結婚式では珍しいと思われるような演出が見られるようになってきたのも最近の傾向なので、やはり時代は大きく変わったものだと実感します。
もっとも、冠婚葬祭の中でも結婚式はお祝い事なので、こうした自由が許されるという事情もあります。さすがにお葬式で型破りなことをやるというのは、まだまだ許されないでしょうから。
以前であれば無難な結婚式をプロデュースできる人が優秀なブライダルプランナーだったかも知れませんが、今はそうではありません。それに加えてどんなスキルや経験を持っているかが問われるので、プロとしての力量の差が見えやすくなっている時代なのです。

晩婚化によって結婚式の予算が
大きくなってきている

「ハデ婚」「ジミ婚」という言葉をご存知でしょうか。かつて日本がバブルによる空前の好景気に沸いていた頃は、とにかく派手にお金をかける結婚式が良しとされてきました。花嫁が「こんな演出をしたい」ということが結婚の条件になることもあったほどです。特に当時は有名人や芸能人などがこぞって派手な結婚式を行い、その様子がテレビで放映されていたので、それを見た人たちが派手な結婚式に憧れたわけです。
そこから時代が変わって不景気となり、結婚式にお金をかけすぎるのはムダだという価値観を持つ人が多くなり、ジミ婚へとシフトしました。結婚式にお金をかけるくらいなら新生活に使ったほうがいいと思う人が多くなったことは、今にもその影響が残っていると思います。この時点でハデ婚とジミ婚という、相反する2つの価値観が出てきたわけです。
そして現在は、そのどちらでもない自分たちだけの結婚式という価値観が普通になっています。
しかも、昨今は晩婚化といって初婚の年齢が高くなっているため、若い人より結婚式に使えるお金が多くなっています。新郎だけでなく新婦も働いているケースが多いため、よりお金を使いやすいわけです。
お金をかけてでも、いい結婚式にしたい・・・そんな思いを実現するのが、今時のブライダルプランナーなのです。

ますます期待が大きくなる中で、プロになるために

価値観の多様化により、ブライダル関連職の人たちに求められる能力も多様化しています。これまでチャンスが少なかった人にチャンスが巡ってくることも多くなるでしょうし、晩婚化による予算アップはそれだけブライダル業界の市場が大きくなることを意味します。
とてもチャンスが多くなってくる時代だけに、ブライダルのプロの二極化も進むと思われます。実力のある人はどんどん活躍して収入も高くなっていくでしょうし、「無難なスキルを持っていれば誰でもそこそこ」ではなくなります。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校では、おもてなしやホスピタリティの専門学校としてブライダル関連職に必要な知識を学ぶことができます。しかし、それだけではなく実習や、一見ブライダルと関係が薄そうな知識も身につけられるようなカリキュラムを組んでいます。理由はもちろん、最低限必要なスキルに加えて「成功するための何か」を見つけてもらうためです。当校のカリキュラムにムダなものは一切ないので、すべての機会を成功する自分のために役立てていただければと思います。

人口減少なのにブライダル業界は右肩上がり!その理由と将来性

人口減少なのにブライダル業界は右肩上がり!その理由と将来性

すでにあちこちのニュースなどで指摘されている通り、日本はすでに人口が減少し始めています。人口が減っている最大の原因は少子化なので、子供が少なくなるということは結婚式を挙げる新婚カップルも減ることになります。
それなのに、ブライダル業界は成長を続けており、今もその盛り上がりは衰える気配がありません。人口が減っているのに、なぜブライダル業界は元気なのでしょうか?そして、これからブライダル業界を目指す人にとって大きな関心事である、これからのブライダル業界はどうなっていくのでしょうか?
その理由を解説するとともに、人口が減っていくこれからの時代にふさわしいブライダルのプロのあり方を解説したいと思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

「量」は減っても「質」はむしろ上がっている


結婚情報誌「ゼクシィ」の調査によると、ブライダルに使うお金の総額が平均で約359万円という結果が出ています。これが高いか安いかということを考える際に、他のものに対する金銭感覚と比べてみてください。300万円以上ものお金を使うことって、家を買うか車を買うかということ以外に、なかなかないですよね。それだけ結婚という人生の大きなイベントに対してお金を使う人がたくさんいるということです。
その一方で、結婚式の「量」は確実に減っています。少子化で人口が減るだけでも単純に結婚をする人が減っていくのは間違いありませんが、その上に非婚化といって結婚をせずに人生を終える人も多くなっています。いわばダブルパンチである上に、結婚をするといっても身内だけでささやかに結婚式をする、もしくは結婚式そのものをしないという人も出てきているので、ブライダル業界の「量」だけを見ると将来性がないようにも見えてしまいます。
しかし、先ほどのデータのように結婚式をする人は以前よりもお金をかけるようになっているので、二極化が進んでいるというのが正しい認識でしょう。また、それに加えて政府が少子化対策を色々と打ってきているので、年によっては出生率が若干改善しています。
今後のブライダル業界を考える上で、これらの事実は知っておくべきでしょう。

「量」より「質」、そんな時代の結婚式事情とは


以前よりも結婚式にお金をかけるようになってきた「質」の時代に、新婚カップルは結婚式に何を求めているのでしょうか。それを端的な言葉で表すと、一生の思い出です。結婚をする人の率が下がってきているということは、以前よりも結婚する人の特別感が増します。結婚する人=とても幸せな人という価値観が強くなっている昨今では、それを示すように結婚式でも自分たちの特別な思い出をアピールしたいという思いが強くなるのかも知れません。
それを示すように、もうひとつ面白い傾向があります。それは、結婚式を挙げる人の招待人数です。結婚式にかけるお金が以前よりも高くなっているということは招待客も多くなっているはずと思いきや、実は全体平均としてわずかに減っています。人数が多い=幸せも大きいということではなく、本当にその特別な日を見届けてほしい人にだけ来てほしいと思う傾向の表れで、やはりここにも「量」より「質」へのシフトが感じられます。

ブライダルプロデューサーにも
「質」が求められている

「質」が求められている昨今のブライダルでは、プロに何が求められているのでしょうか。これまでであれば、無難に結婚式を執り行うことができる能力だったことでしょう。親戚など身内の人の中には儀式としての結婚式をしっかりやってくれることに価値観を感じていた人も多かったので、作法やマナーなどをしっかりと押さえた結婚式であれば誰もが満足できていました。
しかし、今は違います。作法やマナーなどの基本はもちろん押さえておく必要はありますが、その上で自分たちにしかないような思い出、演出が求められています。ここが今時のブライダルのプロに必要な資質で、他の人にはないような知識や経験、価値観などが武器となるわけです。
「ブライダルのプロとして当然のスキル」に何を乗せられるか、何を見せられるか。ここにこれからのブライダル職の腕の見せ所があります。仮にブライダル市場がいよいよ縮小してしまうようなことがあっても、そんなオンリーワンのプロは活躍し続けられるでしょう。

「質」を磨くためには

ブライダルに必要な作法やマナーなどは、学校で学ぶことができます。しかし、それだけではオンリーワンのプロなることができないので、自分探し、自分磨きが重要になります。
これについてはすべての人に同じカリキュラムが通用するわけではなく、実践を通じて自分で気づき、磨いていくのが一番です。就職してから経験を通じて自分らしさを出していくこともできると思いますが、それだと就職する前の段階でうまくいかなければ能力を発揮できずに終わってしまいます。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のブライダル関連コースでは、どれも実習に力を入れています。いずれも現場で活躍してきたプロの指導によるもので、学生の間に就職をしたときと同じような経験を積むことができます。自主性を重んじる実習を通じて、自分には何があるか、自分だけにあるものとは何かを見つけるお手伝いをします。
当校の実習を受ける方には、そんな目的を意識してもらえるとよりその機会が生きてくると思います。

現役のブライダル職に聞いた、この仕事に就いて良かったこと

現役のブライダル職に聞いた、
この仕事に就いて良かったこと

こんな自分になりたい!と憧れの職業を見ている時というのは、まだ夢という部分も多々あるのですが、念願かなってその職業についたらそれが現実になります。夢という視点で見ているうちは良い方ばかりに目が行ってしまいがちですが、実際にそれが現実となったらどう見えるのでしょうか。
ブライダル職に就いて活躍中の人たちは、この職業のことをどう思っているのか?その疑問を解決するべく、本物のプロに話を聞くことができました。ブライダル職についた人の現実について、本音トークでお届けしましょう。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

結婚式という表に見えている部分だけが
仕事ではない


ブライダル関連職のうち、最も人気なのがブライダルプランナーです。結婚式をプロデュースするという、新婚カップルにとっては一生の思い出を創り出す仕事なので、人気が高いのは当然と言えるでしょう。
現役のブライダルプランナーとして活躍している人の話によると、真っ先に出てきたのが「ブライダルプランナーは単に結婚式をプロデュースするだけの人ではない」という言葉です。ではその他に何をするのでしょうか。
結婚式の当日というのは結果であり、そこに至るまでには企画段階で打ち合わせや提案などを行い、新婚カップルと一緒にプロデュースをしていきます。その段階からクライアントである新婚カップルに寄り添っていくことが、実はとても重要なのです。
そこから創り出された結婚式というのは、まさに集大成でありクライマックスです。特に花嫁にとって結婚式は特別なものなので、当日不安になってしまいがちな花嫁に寄り添いアテンドするのも大切な仕事です。
この一連の仕事をすべて完結できた時に、ブライダルプランナーの仕事が完成します。「最初から最後までありがとうございました」という言葉がもらえた時の嬉しさは、最初からともに創り上げてきたからこそ感じられるものです。

一流であることも仕事のうち


結婚式では新郎と新婦が正装をして式に臨みます。それは和装であっても洋装であっても同じで、もちろん身内の人たちは出席者も同じです。このことからも分かるように、結婚式というのはお祝い事である一方で、とてもフォーマルな場所でもあるのです。
そんなフォーマルな場所をプロデュースするのですから、ブライダルプランナーもフォーマルであること、つまり一流であることが求められます。接遇、言葉遣い、立ち振る舞い、歩き方にいたるまですべてにおいて一流であることも仕事のうちなのです。
これと同じく、一流であることが求められる職業があります。色々とある中で代表的なのはホテリエ(ホテルマン)でしょう。結婚式はホテルで行われることが多いですが、それはホテルという空間がフォーマルな式を行うのに適しているからです。
こうした事情を踏まえて、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校ではブライダル関連学科を含む多くの学科で、ホテリエとして通用するような一流の身のこなしをレクチャーしています。
言い方はキツいかも知れませんが、三流のブライダルプランナーには、三流の結婚式しか創れないのです。一流のプロとなるために、すでに一流の仕事をしているプロから教わる本物のホスピタリティを、ぜひ当校で身につけてください。

職業であり、芸術家でもある

ブライダル業界を目指している人であれば強く感じていることだと思いますが、最近では結婚式に対する価値観が多様化しています。「こうでなければならない」という形をそれほど意識せず、自分たちが思う形で結婚式を挙げたいと考える人が多くなっています。それを反映するように、ブライダルプランナーの仕事も多様化しています。
これはつまり、さまざまな価値観を持ったブライダルプランナーが求められているということでもあります。人とは考え方が違うということも、今は武器になるのです。
結婚式をプロデュースするという作業は、とてもクリエイティブな作業です。ある意味、芸術家の要素も含まれる仕事です。それだけに、持ち前のセンスや自分としてやりたかったことなどをどんどん発揮して、他の人にはマネのできないプロデューサーになることが業界で成功する一番の秘訣だとプロは話します。
当校ではブライダル職に就くために必要な知識やスキルを身につけることができますが、プロが本音で話しているような価値も大切にしています。人にはできない結婚式を実現できるようなオンリーワンのプロを目指す方も、ぜひその扉を当校で開いてみてください。
今大切なのは、「こんなブライダルのプロになりたい」という強い思いです。このお話を聞かせてくれたプロも、そんな強い思いを持ち続けたことで夢をかなえた一人なのですから。

ホスピタリティの仕事を目指す方必見!「正しい歩き方」という重要過ぎる基本

ホスピタリティの仕事を目指す方必見!「正しい歩き方」という重要過ぎる基本

ホスピタリティが「魅力」となるような世界、例えばブライダル業界やホテル、エアラインなどはその典型です。こうした世界に憧れを抱く人はたくさんいますが、その理由のひとつがプロたちの美しい立ち振る舞いだと思います。こうした業界で活躍している人の姿は見ているだけで美しさを感じますが、この人たちが美しく見えるのには歩き方が大きく関わっています。
歩くというのは人間の極めて基本的な動作ですが、何も考えずに歩いているのと正しい歩き方を身につけた人が人からの視線を意識しながら歩くのとでは、全く見た目の印象が違います。
ブライダルやホテル、エアライン以外にも、正しい歩き方が求められる世界は他にもたくさんあります。百貨店や宝石店、高級ブランド店、高級車ディーラーなど、上質さが求められるこうした職場では、当然のように正しい歩き方が求められます。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校は、ホスピタリティを学ぶ学校です。その意味でも、カリキュラムの中には正しい歩き方や立ち振る舞いを学ぶレッスンもあります。理由はもちろん、正しい歩き方を必要とする各方面で通用する人材を育成するためです。
では、正しい歩き方とはいったいどんな歩き方なのでしょうか。それを知るにあたって必要な基本を解説します。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

歩くことは、人間の動作の基本中の基本となる


人間が行っているさまざまな動作の中で、歩くことは最も基本になるものです。ちょっとした外出ではもちろん、家の中でも必要に応じて人は歩きます。「今日はほとんど歩かなかった」と思っているような日であっても、実際に歩数計などで計ってみると結構な歩数を歩いていることに驚くこともしばしばです。
歩くことは単なる移動だけでなく、健康のための運動としても活用されています。ウォーキングは体への負担が少ない一方で運動効果が高く、いつでもできる手軽な運動ということもあって多くの人が実践しています。運動としてウォーキングをする場合であっても、体への負担軽減や運動効果を高めるという意味で、正しい歩き方があります。
その一方で、歩く動作を人に見せる空間があります。その典型がファッションショーです。ファッションモデルが歩きながらテーマとなっている衣装の美しさをアピールするのは、その服を買った人が街を歩いてアピールする場面をイメージしているからです。今年流行の衣装を身にまとって颯爽と歩くモデルの姿は美しさの象徴ですが、これも緻密に計算された正しい歩き方ができてこそのものです。

正しい歩き方は疲れを予防する

歩くという動作が人間のあらゆる動作の基本となる、と先ほど述べました。それはホスピタリティに関連するホテルやブライダル、エアラインなどの仕事でも同様です。これらの職業では歩いている時間や立っている時間が長いので、足腰に疲れが出るのではないかと思われがちです。
しかし、本当にそうなら年配の人には不可能な仕事ということになってしまいますが、実際にはたくさんのベテランがプロとして活躍しています。長い間同じ仕事をしていれば慣れるだろうと言われてしまいそうですが、彼らは慣れに加えて正しい歩き方、立ち方ができているので疲れにくいのです。
正しい姿勢ができていないと、同じところや偏ったところにばかり負担がかかってしまい、それが疲れや特定の場所を傷めてしまう原因になります。正しい歩き方ができていると見た目が美しいだけでなく、疲れや職業病を予防できるのです。

靴底が減らないことが正しい歩き方の証拠

ホスピタリティに関連する業界で長く働いている人に言わせると、正しい歩き方ができているかどうかを知るには靴底を見るのが手っ取り早いそうです。正しい歩き方ができている人は靴底の減りが少なく、靴が長持ちするといいます。
その逆に、靴底が早く減ってしまったり、特定の場所ばかり早く減ってしまうというのは靴底と床に摩擦が起きているからで、姿勢に何らかの問題がある証拠である、ということになります。
女性がこうした業界で働く際にはヒールのある靴を履くことが多いと思いますが、その場合だとヒール底の減りが早いか遅いかで、正しい歩き方ができているかがよく分かります。

正しい歩き方は、正しい美意識に宿る

疲れにくく靴底が減りにくいという、正しい歩き方。それを身につけるにはどんな歩き方をすれば良いのでしょうか。基本は左右のバランスを均等に保ち、姿勢を正しくして歩くということになりますが、これ以上のことを文章だけでお伝えするのは難しいでしょう。
学校内でのレッスンでは実際に歩いてもらい、そこで気づいた点を修正していくという形で正しい歩き方を身につけていきます。習うより慣れるというのは実践的なレッスンに共通することですが、それは正しい歩き方にも言えることです。
心の持ちようとして重要なのは、美意識です。単に目的の場所に移動するために歩くのではなく、たくさんの人が自分の歩き方を見ているという意識を持ち、どうすれば美しく見えるかを自分で考えることがとても重要です。
正しい歩き方、美しい立ち振る舞いは見ている人に満足感を与えることができます。満足感を与えるのはホスピタリティの基本なので、ぜひ「正しい歩き方」という概念をしっかりと意識してほしいと思います。

フラワーの技術を持ったブライダル人材は「花」をここまで仕事にできる

フラワーの技術を持ったブライダル人材は「花」をここまで仕事にできる

私たちの身の回りには、「花」があふれています。ホテルや商業施設などにはほぼ必ずと言って良いほど花が飾られていますし、趣味で家に花を飾る人はたくさんいます。
結婚式でたくさんの花が演出に使われているのも、それだけ多くの人が花に対して特別な思いを持っているからです。「花泥棒に悪人はいない」なんていう古い言葉もありますね。
花のない結婚式は考えられないという事実を踏まえて、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の「ブライダル総合コース」にはフラワーアレンジメントの実習がカリキュラムに含まれています。
これはブライダル関連の道に進む人に必要なスキルだからという理由もありますが、フラワーの知識やスキルがそれ以外にも活躍できる可能性を大きく開いてくれるという理由もあります。
ブライダルとフラワー、この2つのスキルを持った人には、どんな未来の可能性があるのでしょうか。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

世の中は「花」がなければ成立しない?


冒頭でも述べたように、私たちの身の回りにはたくさんの花があふれています。高級ホテルのロビーやレストラン、パーティ会場、冠婚葬祭の会場、美容室などなど、これらの場所には常に美しい花が飾られています。
これって誰が飾っているか考えたことはありますでしょうか?もちろん素人ではなく、フローリストというフラワーの専門家です。結婚式の会場ももちろんそのひとつですが、注目なのは他にも葬儀やお通夜などといった冠婚葬祭のセレモニーでも花は欠かせないという事実です。
これだけ花が活躍する場所が多いとなると、その専門家であるフローリストの活躍シーンもとても多いということになります。まさに、世の中は花がなければ成立しないと言っても良いほどです。

花のある空間を知る人は、フォーマルを知る人


先ほど挙げたような場所に飾られている花は、単に美しいだけでは意味がありません。それぞれの季節を表現したものであったり、その場所やそこで行われている行事の趣旨に合ったものでなければなりません。
少し考えていただくと分かると思いますが、いくら美しいからといって葬式に飾るような花を結婚式の会場に飾られたら誰でもおかしいと思いますよね。
このように花が必要な場所、フローリストが活躍する場所の多くには、「フォーマルな場」という共通点があります。どの花がこの場所にふさわしいのか、季節によってどんな花を選ぶべきなのか、どんな生け方で演出するのが良いのか・・・こうしたフォーマルな花の知識が求められるシーンで出番となるのが、ブライダルの知識です。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の「ブライダル総合コース」がフラワーアレンジメントの実習カリキュラムを導入している理由も、まさにこれです。
フォーマルな知識の集大成とも言えるブライダル職のプロになるのに、フラワーの知識があって損になることは絶対にありません。

ブライダル総合コースにフラワー実習が目指すもの

先ほど、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の「ブライダル総合コース」にはフラワーアレンジメントの実習カリキュラムが含まれていると述べました。ここでお伝えしたいことは、フラワーアレンジメントの「総論」ではなく、「実習」を重んじていることです。
他人がやったことを学ぶよりも自分で体験したことのほうが身につくのはすべての学問に言えることですが、フラワーアレンジメントには特にそれが当てはまります。というのも、フラワーアレンジメントで使うのは本物の花であり、生き物だからです。絵を描くように自分の都合だけではうまくアレンジできない難しさも、ぜひ体感してほしいと思います。
すべてにおいて実践的な人材の育成を行うのが福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の方針なので、こうした実習を通じて「フラワーの知識にも精通したブライダルプランナー」となり、就職活動を有利にするだけでなく就職後にもその強みを発揮してほしいと考えています。

フラワーの世界では男性が多数活躍中

ところで、ここまでのフラワーアレンジメントのお話で性別のことに全く触れてきませんでした。「お花」というと何となく嫁入り修行のようなニュアンスがあるので女性の世界だと思われるかも知れませんが、性別の区別がほとんどないのがフラワーの世界の面白いところです。
日本に古くから伝わる華道はひとつの芸術として確立していますが、有名な華道家の面々を見ると男女それぞれに一流の人たちがいます。テレビにもよく登場する世界的な華道家も男性ですね。性別による格差がないというのは、他の部分においてもフェアな世界です。経験や技術、引き出しの多さなどその人の腕一本でどんどん上を見ることができるというのは、とても夢があるのではないでしょうか。
「ブライダル総合コース」が育成するのは「フラワーの知識を持ったブライダル業界のプロ」ですが、そこからフラワーの世界への興味が大きくなればフラワーの道でプロになることもできるのです。
そんな未来の大きな可能性を、ぜひこの「ブライダル総合コース」で切り拓いてください。

ブライダル関連職業に就きたい男性必見、男性が活躍できるこれだけの理由

ブライダル関連職業に就きたい男性必見、男性が活躍できるこれだけの理由

ブライダル業界の人気職業というと、ブライダルプランナー、ブライダルプロデューサーといった結婚式の企画職です。結婚式の主役が花嫁というのは半ば常識になっているので、やはり女性目線がいかされるという意味で女性の職場だというイメージが強いと思います。
この他にも「事実上女性の職業」と見られている職業の典型例に、看護師があります。かつては「看護婦」と女性を意味する言葉で呼ばれていたものが「看護師」となり、性別を特定しない名称になっています。事実、男性看護師は多くの現場で活躍しており、男性ならではの強みをいかした仕事ぶりが高く評価されています。
このように女性の職業というイメージがとても強い看護師ですら、実は多くの男性が活躍しています。ブライダル業界も同様で、女性の職場というイメージがある一方ですでに活躍している人たち、そしてこの業界を目指す男性たちがいます。
むしろ男性向きではないかと思える部分もあるので、ブライダル業界で男性が活躍できる理由を一つずつ解説していきたいと思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

すでにブライダル業界では相当数の男性が活躍している


実際にブライダル業界で働いている人に言わせると、なぜブライダル業界が実質的に女性の職場というイメージがあるのか不思議に思うそうです。なぜなら、すでにブライダル業界では多くの男性が活躍中だからです。
確かに、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のサイトやパンフレットなどを見ても、ブライダル関連の学科を紹介する際に使われている写真に登場しているのは女性ですね。
すでにブライダル業界で活躍している男性の典型例としては、ホテルの営業スタッフが挙げられます。ホテルで結婚式を挙げる人は多いですが、その際に問い合わせや事前の打ち合わせに対応するのはホテルのブライダルカウンターです。このブライダルカウンターには必ず女性だけでなく男性スタッフもいて、ブライダルプランナーに近い仕事をしています。この人たちはホテルの社員なのでホテリエとして入社したわけですが、今はブライダルカウンターを担当しているというわけです。
ホテルで挙式をする人が多いことを考えると、「男性のブライダル担当」のお世話になった新婚カップルも相当いるものと思われます。

ブライダル業界で男性が発揮できる3つの強み


先ほどの例は、ホテリエとして就職した人がたまたまブライダルカウンターにいるというパターンですが、現実には最初からブライダル関連の職業を希望して就職する男性も多くいます。
この男性たちがなぜブライダル関連の職業を目指したのか、そしてこうした人たちを採用した企業の考えとはどんなものでしょうか。
そこで浮かび上がってくるのは「力仕事」「営業力」、そして「男性目線」です。

力仕事が多いブライダルプランナーは
むしろ男性向き?

ブライダル関連職で男性が活躍する場面として1つ目に、力仕事を挙げました。皆さんが想像されているより、ブライダルプランナーという職業には力仕事を伴います。
最も分かりやすいのは、ウェディングドレスです。花嫁にとって一生の思い出なのでここ一番のドレスを選びたいということで、たくさんのドレスを試着して選ぶのが普通です。しかしこのウェディングドレスというのは意外に重く、数キログラムある衣装を運ぶ作業はなかなかのものです。
もちろんウェディングドレスだけでなく、和装についても然り。結婚式当日に向けて独自の趣向を凝らしたいという場合にその準備で重いものを運ぶこともあるでしょうし、ブライダル職に力仕事は付き物なのです。
こんな時、職場に体力自慢の男性スタッフがいれば女性スタッフからも頼られること間違いなしです。

男性が持つ営業力は重宝されている

次に、ブライダルプランナーの大切な能力である「営業力」にも着目してみましょう。プランナーという名前の職業に営業力は関係ないと思われるかも知れませんが、新婚カップルの要望をしっかりと聞き取り、それを踏まえた提案を伝える作業は営業活動のプレゼンテーションとよく似ています。
このプレゼン能力を発揮するにあたって、営業センスのある男性スタッフがとても重宝されます。転職組の男性の中には営業マンの経験を持っている人も多いので、こうした能力がブライダルの現場で発揮されるのです。

男性目線の大切さと、男性だからできること

ここまで解説したこと以外にも、男性には「男性目線」という武器があります。言うまでもありませんが、結婚式は花嫁一人でできるものではありません。もう一人の主役である新郎の要望を正確に聞き取ることができるのは、やはり同性である男性スタッフでしょう。
また、結婚式には新郎・新婦の親族も関わりを持つことになります。通常、こうした人たちの中の半分は男性なので、多くの人に受け入れられるブライダルの提案に男性目線は欠かせないのです。
最後にもうひとつ、女性には出産や育児というライフイベントによって職場を一時的に離れることがあります。年齢的にちょうど脂がのってきた時期と重なりやすく、職場としても戦力ダウンになってしまいます。男性の場合は職場を離れる可能性がそれほど高くありませんし、育児休暇を取ったとしても女性ほど長くはならないので、職場の戦力を保つという意味でも必要な存在であることがお分かりいただけると思います。
大切なのはその人の能力と、「この仕事に就きたい」という思いです。そこに性別は関係なく、自分を磨いてなりたい自分になる努力が最終的に夢をかなえるのです。

ブライダルプランナーってどんな仕事?という疑問に本物の求人からお答え

ブライダルプランナーってどんな仕事?という疑問にリアルな回答をします

ブライダルプランナーになりたい!と思った次に、多くの方の頭に浮かんでくる疑問があると思います。会社に就職するとブライダルプランナーになれるの?待遇は?給料は?休日は?やりがいや役得は・・・?といった具合です。この他にも気になることはたくさんあると思いますが、ここではブライダルプランナーとはどんな仕事なのか?というリアルな姿に迫ってみたいと思います。
ただぼんやりと憧れているという方も多いかも知れませんが、ブライダルプランナーの姿をもっとリアルに感じることで、より明確な目標を持つことができると思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

こんな企業や職場がブライダルプランナーを募集している


ブライダルプランナー、もしくはウェディングプロデューサーと呼ばれる職種を最も多く募集しているのは、ブライダルプロデュース会社です。会社の事業がそのものずばりのブライダルプロデュースなのですから、そのための人材を多く求めているのは当然でしょう。
最大手の一つが、「ワタベウェディング」という会社です。全国展開をして多くの結婚式プロデュースを手掛けており、それぞれの拠点では多くの現役ブライダルプランナーが活躍中です。
少し意外に感じるかも知れませんが、結婚式場やホテルといったように結婚式を多く開催している会社が直接ブライダルプランナーを募集することは少なく、ワタベウェディングのように外部のプロデュース会社がそれぞれの会場で行われる結婚式を演出するという形になっています。
プライダルプロデュース会社以外の選択肢としては、ドレスショップやフラワーショップといったようにブライダルの周辺業界からも求人が出ています。それぞれの会社が事業として結婚式に関連する業務を行っている場合、ブライダルに精通した人材が欲しいということでしょう。
雇用の形態は正社員として在籍する以外に、派遣会社に登録をして派遣社員としてブライダルの現場に赴くというパターンもあります。
職種や働き方が多様なのも、ブライダル業界の特徴です。選択肢はとても多いので、「ブライダルを仕事にする」という目標にはきわめて現実味があります。

ブライダルプランナーが担当している仕事内容


ブライダル関連の職業を目指す人を見ていると、やはりサービス精神が旺盛で「一生モノの思い出を形にしてあげたい!」という思いを持っている人がとても多いと感じます。
そんな思いがブライダル業界への志望動機になっているのは間違いなく、そんな思いを仕事にしませんか?というようなニュアンスの求人が多く見られます。こうした求人で採用されると、その思いが現実になります。

ブライダルプランナーはどんな待遇で働いている?

もちろん、憧れだけで職業を選ぶわけにはいきません。仕事とは生活を支えるためのものでもあるので、待遇や収入面についても見ておきましょう。標準的なブライダルプランナーの求人から得られたデータをもとに解説します。
20代で勤続年数が5年前後の人の収入モデルは、年収400万円前後です。さらに年数を重ねて30歳になると、400万円の大台を超えて450万円を超えてくるようになります。
この収入モデルが他の職業と比べて多いか少ないかを、これだけで判断するのは難しいでしょう。そもそも他の職業とは仕事の内容も違いますし、好きなことを仕事にしていると思う人にとってはたくさんもらっていると感じるかも知れません。数値だけのデータで客観的に見ると、ブライダル業界だからといって突出して収入が高いわけではなく、また逆に少ないわけでもありません。
面白いのは、ブライダル業界の職業は能力主義となっている会社が多いことです。全国展開をしているようなブライダル企業で店長や拠点長などのポストについている人はそれに見合った手当も支給されているので、当然年収は500万円を優に超えるクラスになります。このあたりは就職してからの精進が、その後の年収に大きく影響すると考えて良いでしょう。
休日については、ブライダル業界特有の事情があります。結婚式は土日や祝日に集中するため、一般的に休日とされている日が勤務日になることがほとんどです。もちろんその代わりに平日に休みを取れるので、それをいかして安い時期に旅行に出るという人もいます。

ブライダルプランナーの「役得」も知りたい

一生の思い出作りに関わることはブライダルプランナーの大きなやりがいですが、それ以外にもリアルな「役得」もあります。せっかくなので、それもご紹介しましょう。
「リゾ婚」という言葉をご存知でしょうか。リゾート地に行って現地で結婚式を挙げることですが、担当しているお客様がリゾ婚を希望した場合、もちろんブライダルプランナーもそこに行くことになります。海外のリゾート地を希望するお客様や、そうでなくても沖縄や北海道など旅行先として魅力のある場所が多いので、そこに仕事で行けるのは役得だと思います。

ブライダル業界の面接って何を聞かれる?どこを見られている?

ブライダル業界の面接って何を聞かれる?どこを見られている?

どんな人であっても、面接試験は緊張の瞬間です。まして憧れている業界に入るために通る関門なのですから、緊張するのは当然です。しかもブライダル業界に憧れを抱いて目指している人は多いので、競争率も高くなりがちです。
それゆえに面接ではどんなことを質問されるのか、どんなところをチェックされているのか、どれも気になることばかりだと思います。また、ブライダル業界の職場事情を考えると面接での受け答えだけでなく立ち振る舞いや服装なども見られていると考えるべきでしょう。
そこで、ブライダル業界の面接対策として知っておきたいことを解説したいと思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

ブライダルという仕事をどう理解しているか


ブライダル業界という言葉だけだと、これらの関連職業の仕事内容が伝わりにくいと思います。ブライダル業界といっても職種はたくさんありますし、それぞれの持ち場でやっていることは大きく異なります。
そのため、ブライダル業界という漠然としたイメージだけで志望をしている人の中には、いざ就職したものの想像していたものと違うというギャップに悩む人が出てきます。その悩みは仕事を辞めるという事態に発展してしまうこともあるので、職業に対する正しい理解は大切です。
面接では、応募者が思っている職業のイメージと合致しているかどうかをチェックする必要があるため、職業への理解度がかなりの確率で質問されます。もちろん小手先のテクニックで答える必要はなく、自分が思うイメージをしっかりと伝えてください。後述しますが、この「伝える」というスキルについても面接の大きなポイントとなります。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校は、実践的なカリキュラムを組んでいるのが大きな特徴です。現役で活躍している人を講師として招き、実践的な職業体験をすることで職業への理解を深めることも目指しています。つまり、これらのカリキュラムでしっかりと学んでおけば職業理解が深まるので、それだけで面接対策になるというわけです。

現場での対応力


ブライダルの仕事に、想定外の出来事は付き物です。たくさんの人が集まってセレモニーを行うのですから、準備段階はもちろんのこと、式の当日にも色々なことが起きるでしょう。そんな時に、いかに対応できるかというのはブライダル関連職業で働く人にとって腕の見せ所とも言えます。
面接では、そういった資質や能力を持っているかが重視される傾向が見られます。十分な面接対策をして面接試験に臨んだのに、想像もしていなかったような質問をされたという人は多くいますが、それは予想外の出来事が起きた時の対応力をチェックしていると見て間違いありません。その人が就職してからどんな対応力を見せてくれるのか、ある意味面接官はそれを楽しみにしている部分もあります。
面接対策というと想定問答など小手先のテクニックに終始しがちですが、対応力をチェックされている場ではテクニックよりも人間力で勝負です。誠意をもって自分の言葉で答えることで、面接官は大きな期待感を持つことでしょう。その答えの中身が正しいか間違っているかは問題ではなく、落ち着いて自分の言葉で話すことが大切なのです。

人と接する能力、伝える能力

先ほど「伝える」ことの重要性について少し触れました。ブライダルの仕事は、たくさんの人と接する仕事です。色々な立場や関係の人と接する中で、大切なのはいかに相手が言いたいことを聞き取り、自分が伝えたいことを正確に伝えるかです。世の中のミスや行き違いの多くは、このコミュニケーションがしっかりと機能していないために起きています。面接の場で面接官は、コミュニケーションがしっかりと取れる人なのかどうかを注意深く見守っています。
自分から伝える能力のことをプレゼンテーション能力、略してプレゼン能力ともいいます。自分の考えや感じたことを分かりやすく伝える能力というのは、ブライダル業界ではなくてもとても重宝されるスキルです。福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校では、各コースにおいてコミュニケーション能力やプレゼン能力を育成するカリキュラムを重視していますが、その理由は面接対策だけではなく、その後に必要となるスキルを磨くためです。

最終的にモノを言うのは「一流」であること

ブライダル業界の職場は、その多くがフォーマルな空間です。結婚式場やホテルはもちろんのこと、事前の打ち合わせなどでも一流のホスピタリティが求められる職場がほとんどなので、面接では身のこなしや話し方、服装、身だしなみなどすべてにおいて「一流であること」が重視されます。
当校ではどこに出ても恥ずかしくない人材の育成を目指して一流の立ち振る舞いやマナーなどに多くの時間を割いてレクチャーしていますが、面接はその成果が大いに発揮される瞬間です。
就職が決まってからも研修でマナーやエチケットなどを学ぶことができますが、そのベースがしっかりできている人が面接合格に一番近いのは言うまでもないことです。

ブライダル関連職業には他にも活躍できる職場がいっぱいあるという事実

ブライダル関連職業には他にも活躍できる職場がいっぱいあるという事実

福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のブライダル総合コースは、文字通りブライダル業界を目指す人のための学科です。しかし、実際にはブライダル業界以外の道に進む人も少なくなく、それぞれの分野で活躍しています。なぜ、そんなことができるのでしょうか?そこには各業界からの高いニーズがあるからです。
ブライダルの仕事に就くということは、結婚式だけでなくさまざまな知識が必要になります。それを身につけている人を求める職場は実に多く、引く手あまたの人材になることができるわけです。
それでは、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のブライダル総合コースのカリキュラム内容が、ブライダル業界以外のどんな業界から求められているのか、気になる就職事情も含めて解説します。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

ホスピタリティのプロは「おもてなし」のプロでもある


福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のブライダル総合コースが目指すのは、ブライダル業界で活躍できる人材の育成です。それは、同時にホスピタリティのプロを育成するという意味でもあります。なぜなら、ブライダル業界の職業は結婚式場やホテルをはじめ、ブライダル会社などほとんどがフォーマルな場を職場としているので、ホスピタリティのプロであることが求められるからです。
当校としてもこうした職場に出ても恥ずかしくない人材を育成するという意味から、一流の身のこなしや話し方、立ち振る舞いなどがカリキュラムに含まれています。実はこうしたスキルを身につけた人というのはニーズが高く、例えば百貨店や高級車の販売店、貴金属店などといった富裕層ビジネスも有望な就職先となります。
一流の人は、それにふさわしい一流の職場があるということですね。

マナーや格式の知識は必ず武器になる


結婚式というと、たくさんのマナーや格式などが関わってきます。日本の中でも地方によって格式が異なっていることもあるので、マナーや格式を知っているということは、それだけで大きな武器になります。
最近では結婚式の価値観も多様化しているのでシンプルでカジュアルな結婚式を好む人たちもいますが、その親御さんが同じかというと、そうではないことも多々あります。そんな場で、正しいマナーや格式を身につけている人が信頼されるのは言うまでもありません。年配の人の中には「最近の若い者は・・・」なんて言う人もいますが、そんな人に信頼される一流の立ち振る舞いや正しい格式の知識を持ち合わせた人材は、今やレアな存在だとも言われています。
誰でも持っているようなスキルではなく、自分にしかないものを持つこと。これはプロとして成功するための大きなポイントなので、当校のブライダル総合コースでレアな人材を目指してください。

花嫁の晴れ姿は総合的な技術によって創られる

結婚式の主役と言えば、今も昔も花嫁です。その花嫁の晴れ姿を美しく演出するために、さまざまな技術が関わっています。ウェディングドレスのコーディネートはもちろんのこと、メイクアップやヘアメイク、ブライダルネイル、さらには和装の知識など、その分野は多岐にわたります。
ブライダル総合コースにはもちろん、こうした知識もしっかりとカリキュラムに含まれています。つまり、このコースを卒業した人にはこれらのスキルをいかした職場が広がっているということです。

ブライダル総合コースは一流の人を目指すための学科です

学校名に「ウェディング」「ホテル」という言葉が含まれているように、福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校は総合的なホスピタリティを学ぶための学校です。そして、そんなホスピタリティの集大成ともいえるのがブライダル総合コースです。
もちろんブライダル総合コースで学ぶ人のほとんどがブライダル業界を目指していますが、そうではなくてもたくさんの就職先があることを知っておいてほしいと思います。しかもブライダル業界以外の職場でも多くの人がバリバリ活躍しています。
入学した時はブライダル業界を強く志望していたものの、勉強をしていくうちに色々な業界のことを知り、希望の進路を変える人も少なくありません。それだけ多くの選択肢に出会えたというのも、ブライダル総合コースという「集大成の学科」に入学したことのメリットではないでしょうか。もっとも、それができるのはどこに行っても恥ずかしくない一流のホスピタリティを身につけたからで、ブライダル総合コースで学んだ人の特権と言えるでしょう。

憧れのブライダル職種ってどういうもの?必要なスキルは?資格は?お給料は?

憧れのブライダル職種ってどういうもの?必要なスキルは?資格は?お給料は?

ブライダルの仕事というと、どんな仕事を想像されますか?おそらく多くの方がブライダルプランナー(ウェディングプロデューサーともいいます)を思い浮かべると思います。結婚式そのものをトータルに演出する職業なので知名度も高く、多くの人から憧れの職業となっています。
しかし、人生の晴れ舞台であり仕掛けも多い結婚式には、実に多くのプロが関わっています。そんなブライダルを仕事にしている人気職業をご紹介したいと思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのブライダルのお仕事体験や、ブライダル業界の説明会を開催しています。
ブライダル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

ブライダル職業の代名詞ともいわれ知名度もNo.1の「ブライダルプランナー」


お客様の想いを形にして結婚式を企画するのがブライダルプランナーです。近年は特に形にとらわれず自分たちの結婚式をしたいと思う人は増えていて、ブライダルプランナーの活躍の場は多くなってきました。しかし、だからといって何をやってもいいというわけではありません。結婚式は新郎新婦だけのものではなく、親御さんなどご家族にとっての大切な日でもありますので、結婚式にまつわるしきたりやマナーなど、ブライダルプランナーには結婚式に関する総合的な知識が求められます。
また、結婚式に対する要望というのは実に幅が広く、出来ることと出来ないことがあるでしょう。無理そうだと思ったことでも「できません」と一言で終わらせるのではなく、何とか形を変えて実現する方法、一部だけでも実現する方法などを模索するのもブライダルプランナーに求められる仕事です。
そして結婚式のプロデュースは、会場づくりと花嫁づくりだと言われています。特に花嫁づくりについてはウェディングドレスの提案やヘアメイク、スタイリング、ウェディングドレス以外の衣装についてなど、いかに花嫁を華やかに彩るかというのは、腕の見せ所でしょう。
仕事そのものがお客様にとって一生の思い出になるため、お客様から感謝されることが多く、感謝の度合いも大きいので、やりがいを感じられる職業です。

結婚式のもうひとつの主役、ウェディングドレスのプロ「ドレススタイリスト」


テレビ番組の制作には衣装さんと呼ばれる、衣装のプロがいます。それと同じように、結婚式にも衣装のプロがいます。先ほども述べたように結婚式は花嫁づくりでもあるといわれているほど、花嫁を彩る衣装は重要な位置を占めています。
それだけ重要な花嫁の衣装の中でもダントツの存在が、ウェディングドレスです。ウェディングドレスには伝統を重んじるものや流行を意識したものなど実にたくさんのカテゴリーがあります。お客様の要望を聞き取りつつ、最適なウェディングドレスを提案するのがドレススタイリストの仕事です。
さらに、衣装映えという言葉があるように、衣装は着ただけでは輝きません。その衣装にふさわしい立ち振る舞い、キメのポーズなど、花嫁がもっとも美しく見える身のこなしをサポートするのも、もちろんドレススタイリストです。こうした身のこなしも含めて、写真にもビデオにも残ることになるので、とても大切な役目です。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校のブライダルコースにマナーや立ち振る舞いといった総合的な人材育成を目指すカリキュラムがあるのは、ドレススタイリストにとってこの重要な役割を果たすためのものでもあるのです。

ブライダル職でありながら活躍の場が広い「メイクアップアーティスト」

花嫁づくりに欠かせないのが衣装ともうひとつ、そう、メイクアップです。いつもは自分でメイクをしている花嫁も、結婚式という特別な日はメイクのプロがメイクアップをします。その役目を担当するのが、ブライダルメイクアップアーティストです。「ブライダル」という名前がついていますが、ブライダル専門というわけではなくメイクアップアーティストにとってブライダルという活躍の場があると考えてください。
実際にメイクアップアーティストとして活躍している人の舞台はとても広く、ブライダル業界以外には美容室やテレビ、雑誌製作などのマスコミ関連、写真スタジオなど数え切れません。女性の美に対する思いは永遠のもので、それが続く限りメイクアップアーティストが不要になることはないのです。
メイクアップアーティストの仕事ぶりを想像していただくと分かると思いますが、この仕事は常にお客様に寄り添っています。ブライダルメイクアップアーティストの場合、結婚式の当日は花嫁に寄り添ってメイクだけでなく美しく見せるための総合的なサポートをします。その意味では信頼関係も大切なので、マナーにのっとったアテンドなど、学校で学んでおくべきことは多くあります。

結婚式に欠かせない花の専門家、「フローリスト」

「花」も、結婚式の会場づくりに欠かせない重要なアイテムです。こうした花を美しく演出しているのが「フローリスト」という花の専門家です。花の世界は実に奥が深く、単にきれいだからという理由だけで好きな花を飾ったとしても、コンセプトやその場のムードと合っていなければ意味がありませんね。フローリストは、花そのものだけでなく花に関する伝統文化や演出方法を身につけたプロなのです。
フローリストの活躍シーンは、ブライダル業界だけに限りません。会場装飾や企業の室内装飾などに至るまで、フローリストの役割はとても多いのです。そのため、人気職業のひとつでもあります。
国家資格としては「フラワー装飾技能士」という資格があります。フローリストになるには、西洋や日本それぞれの花に関する文化の知識や結婚式のしきたりなど、知識として持っておくべきことはたくさんあります。その一方で芸術家に近い職業でもあるので、色彩や空間演出などを総合的に網羅しておくと優秀なフローリストとなります。

最後に、気になるお給料事情

ここでご紹介した職業は、ブライダルプランナー、ドレススタイリスト、メイクアップアーティスト、そしてフローリストの4つです。それぞれ仕事の内容は異なりますが、いずれもブライダル業界と深く関わりのある職業です。
これらの職業に共通していることは、実力や経験、もっといえば実績がモノをいう世界だということです。最初は実務経験がほとんどない状態から始めても、仕事を続けていくうちに経験や実績が増えて、それに伴って実力も確実についていきます。
最初のうちは一般的な職業と特に変わらない給与体系ですが、経験や実力による評価でどんどん収入がアップしていくという、とてもフェアで夢のある世界です。
それと同時に、これらの職業に共通しているもうひとつのことは結婚式という人生の大きなイベントに直接関わるというプライスレスの価値です。お客様からとても感謝されますし、時には一緒に感動してしまうような場面に出会うこともあるでしょう。そんな気持ちで仕事と向き合える人は、この業界で成長していける人なのだと思います。