サムネイル

公式ブログ

2022年1月6日

ひろきんブログ ★2022新年号★南ネバダ大学

こんにちは。ひろきんです。

 

2022年寅年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 

皆さんにとって今年が良い年になりますよう願っております。

 

 

今回のブログも海外繋がりです。

 

 

学校で昨年12月に米国ネバダ州ラスベガスにある

海外提携校カレッジオブサザンネバダ(CSN)と

ライブ中継で実施された海外オンライン特別講座の話です。

 

 

CSNは観光やレストラン、ホテルマネジメントの他に

カジノディーラーコースなどホスピタリティ産業に関わる学部がある大学です。

講義を担当された先生は「ネバダ州の法律や規制に関わる公的機関に長年携わり、現在は大学に在籍されています。

 

 

「ギャンブルの街」ラスベガスが現在のように

様々な国や年齢層の人が楽しめる安全と安心の統合型リゾートに発展した歴史や、

厳格なカジノルールの構造など解り易くお話をしていただきました。

 

ラスベガスは世界でも稀にみる「夢の街」です。

その魅力は奥が深く、世界中の人が集まる魅力的な街で、また膨大な収益を生み出します。

 

 

だから世界の各地で同じような街が出来て、日本でもIR(統合型リゾート)を

開発しようとしています。

 

世界でもカジノやギャンブルに対する賛否はありますが、

IRは世界のエンターテイメントが、多くの人が行きたい夢の街であることに間違いありません。

 

 

講義の中でラスベガスやカジノでもテクノロジー、デジタル化が急速に進んでいることを聞いた学生から

人の採用が少なくなっているのでは無いかとの質問がありました。

 

 

先生は「テクノロジーは重要で必要であるが、あくまでも道具であって

多くのお客様はラスベガスの街やホテル、カジノ(ゲーミング)のスタッフとコミュニケーションすることを

一番の楽しみにして何度も来てくれている。

 

 

一時的な雇用の増減はあるが、一番大切なのは「人」、「ホスピタリティ」であることは間違い無い。

ラスベガスはそんな人材を求めてます。

 

とのことでした。学生もひろきんも一安心でした。

 

 

 

学校や海外、ホスピタリティ業界で働くこと、英語の勉強などについて話したい方は

オープンキャンパスで 「ひろきん」を探していただいて声を掛けてくださいね。

 

 

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥

福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校 【check】

学生の日常 ≫ Twitter 🌟 Instagram

LINE ID   ≫ 【@fukubrで相談受付中!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

pagetop