最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

誰もが気になるホテル業界と英語の関係、やっぱり英語力がないと就職できない?

ホテルで働いている人、とりわけホテルの中でも接客に関わる人は誰でも英語が堪能だというイメージがありますね。そこで誰もが一度は、ホテルに就職するには英語力が相当必要なのではないかと思うはずです。
「TOEIC〇〇点以上」という基準が設けられている求人も実際にあるので、やはり英語はホテルへの就職でかなりのウェイトを占めていると感じる方が多いのは当然のことでしょう。
ホテル就職で気になる英語力について、実際のところはどうなのでしょうか?TOEICのように明確な基準が設けられている場合は分かりやすいですが、そうでない場合はどの程度の英語力が必要なのでしょうか?
特に英語力に自信がない人にとって、この問題は重大です。福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校に入学する人の中にも、就職時の英語力について気にする方が多いので、ホテル業界の就職と英語の関係について実際のところを解説したいと思います。

オープンキャンパス開催中!

ホテルのお仕事体験や、ホテル業界の説明会を開催しています。
ホテル業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

宿泊客の立場で見たホテリエは英語ができて当たり前?

私たち日本人が思っているのと同じように、外国人もホテリエは英語ができる人たちだと思っています。今や英語は世界共通語として機能しているので、お互いの母国語が英語でなくても英語が使われるシーンはいくらでもあります。日本のホテルで中国人宿泊客と日本人ホテリエが英語で会話しているシーンは珍しいものでも何でもなく、ごくありふれた風景です。
しかし、だからと言ってネイティブスピーカーのような「英語ペラペラ」である必要はありません。あくまでもホテルの中で交わされる宿泊サービスに関する会話がほとんどなので、それだけをマスターしておけばホテリエとして活躍するのに支障はありません。
フロントやコンシェルジュとなると、さらに深い内容の会話をすることがあるかも知れません。しかし、それでも一緒に食事に行ったりするわけではないので、定型句のようになっている会話だけで十分仕事になるので安心してください。

英語力に自信がなければ、身に付ければいい

これから本校でホテリエになる勉強をする方には特にお伝えしたいことがあります。
入学時は英語力に自信がないかも知れませんが、卒業時にはその様相は大きく変わっているはずです。なぜなら、カリキュラムの中にTOEIC対策を含む英語のレッスンがしっかりと組まれていますし、2年生の時にはオーストラリアでの語学研修プログラムもあります。本校としてもホテリエになるには英語力が必要であることを十分理解しているので、当校のカリキュラムをしっかりとマスターすれば、ホテリエとして十分な英語力が身に付きます。
英語力はホテリエだけでなく、他の職業や、仕事以外の海外旅行などでも大いに役立つスキルです。ホテリエを目指すのであれば、せっかくなので英語力を磨いて国際人の仲間入りをしてほしいと思います。

英語だけがホテリエのスキルではありません

ホテリエの仕事には英語が必要という話をここまでしてきているので、英語ばかりに目が奪われてしまいがちですが、ホテリエとして成功するためのスキルは英語がすべてではありません。意外に思われるかも知れませんが、むしろ数あるスキルの中でも英語の優先順位はそれほど高くありません。
では、英語力よりも大切なスキルとはなんでしょうか。ひとつの言葉だけで表現するのは難しいですが、お客様におもてなしという価値を提供するためのあらゆるスキルです。お客様に心からのホスピタリティを提供したいと思った時に使う手段が英語であり、英語に自信がなくても心からのおもてなしはお客様にしっかりと伝わります。ホテリエとしての価値は、まさにここにあるのです。
もし英語力だけでホテリエの能力が決まるのであれば、帰国子女や海外留学を経験した人など、語学スキルに特化した人だけを採用すれば良いことになりますが、実際にはそんなことはありません。

英語力だけで決まらない、ホテルへの就職

先ほど少しホテルの採用事情についてお話をしましたが、ホテルの採用活動や面接試験と英語力についても触れておきましょう。先ほども少し述べましたが、英語であればどこの言語であれ語学というのは相手の言っていることを聞き取り、自分の言いたいことを伝えるための手段です。つまり、コミュニケーションの道具です。
コミュニケーションの方法は、言葉だけではありません。表情や身のこなし、態度など人間はさまざまな方法で相手とコミュニケーションをしています。言葉が通じなくても何となく言いたいことが分かるというのは、人間が無意識に言葉以外のコミュニケーションをしているからです。
ホテルの面接では、この部分も重視されています。いかに自分の言いたいことを正確に表現して伝えるか、相手の言っていることを理解できるか。このコミュニケーション能力を知るのに一番の手段が、面接試験なのです。
ホテルへの就職が決まると、もちろん語学も含めた研修があります。学校で学んだ英語でもまだ自信がないという人も、就職してから学ぶ機会はいくらでもあります。今の段階での英語力があるかどうかというのは大した問題ではなく、ホテリエとしての「おもてなし精神」のほうがはるかに大切なのです。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動