ホテル分野 スペシャルサイト
メインイメージ
専門学校と
大学の違い
花
花
アイコン

専門学校大学の違い

専門学校 イメージ画像
専門学校 アイコン
専門学校

なりたい仕事に直結した
実践的な技術を学ぶ

専門学校は、高等教育機関のうち「専門課程を置く教育機関」のことで、公的機関から認可を受けた学校を指します。
エアーライン業界の専門職を目指すために、実践的な技能を身に付けることが重視されています。

大学 イメージ画像
大学 アイコン
大学

幅広く学び、
将来に活かす

大学は、「学術的な研究を行う高等教育機関」です。
基本的には4年制で、専攻する学部・学科以外に一般教養など様々な授業を受講し、幅広い教養や視点・考え方を得て、専門分野の研究を行うことが大きな特徴です。

アイコン

専門学校大学の特長

step1

入学前

step1 入学前 step1 入学前
purpose

学ぶ目的は?

専門学校
実践的な授業を行い、
エアーラインのプロを目指す

エアーライン業界で即戦力として活躍できるよう、専門的な知識スキルを実習などを通じて学ぶことが目的となります。職場で「分からない」「困った、どうしよう」という不安にならないように、専門特化したカリキュラムが用意されているため、就職に直結し、自信をもって業界で活躍できるメリットがあります。

大学
学術的な授業で、
学問・研究を究める

学科・学部などが定められてはいるものの、自身の責任と選択次第で幅広い知識とさまざまな教養を身に付けられるのが大きな特徴です。
そして入学した学部・学科での学問を学術的に究めます。
大学での学びの最終ゴールは原則就職ではなく、学んだ分野の研究論文や研究成果を残すことが本来の目的になります。

preparation

入試と入学の準備

専門学校
面接や作文が中心
「やる気」を確認する選考

自分の「なりたい」「憧れ」「好き」というエアーライン業界を目指す意気込み目的意識を重視した入試方法を採用しています。
「この学校で学びたい」「エアーライン業界で活躍したい」という高いモチベーションを図るため、書類選考や面接、作文などの選考となります。
「目的意識をもった未来の自分を描けているか」を合否の判定としているところが特徴です。

大学
テストやセンター試験
学力を確認する選考

国立・公立・私学ごとに様々な試験方法がとられていますが、学力テストを中心にしたものが多くなります。
センター試験を利用した学力テストや、高校での成績や生活での評価、学校によっては面接結果などが評価の対象となります。

step2

在学中

step2 在学中 step2 在学中
class

授業内容

専門学校
エアーライン業界で必要な
知識や技術を実践的に学ぶ

社会人に必要な基礎力はもちろんですが、エアーライン業界で必要となる知識・スキル・応用力を学ぶための演習や、業界に出たときに「問題解決できる力」を養う実践型授業が中心となります。
また、エアーライン業界からカリキュラムに信頼を得ているところは、学科を卒業することで資格が取得できる仕組みになっている学校もあります。

大学
専門分野や一般教養など
講義・座学を中心に学ぶ

入学した学部・学科の授業を中心に座学や論文・レポート、実験など学術的な学びが中心となります。
卒業論文を課す学科も多く、自身で定めた研究テーマで約半年~1年かけて論文を書くことを求められます。また、一般教養など専門以外の学科の授業も必須で学ばないといけません。

density

授業時間と密度

専門学校
実践的な授業内容
アクティブな時間割

専門学校の授業時間は認可校であれば年間800時間以上と定められています。
修業年数も2~4年(本校は2年)であり、専門性高い授業で一般的には忙しい、と言われていますが、無駄な授業はなく、目指す職業の勉強をする充実した学びの中でキャンパスライフを送ることができます。

大学
講義中心
緩やかな時間割

卒業に必要な単位数が学校により決まっていますが、入学、進級時自分で時間割を組むので比較的緩やかなスケジュールを組むこともできます。
ただし、就職には所属する“研究室”が影響するケースもあるので、授業選びが重要です。
4年次は就職活動や論文に充てるため、必要単位は3年次までに取得する人が多くみられます。

teacher

先生はどんな人?

専門学校
エアーライン業界
活躍するプロ講師

エアーライン業界での経験者や現役のプロが講師をされています。
実際の現場での経験をもとに、仕事内容・流れ・事例などを、よりリアルに現場の仕事を想定した授業で即戦力応用力を培います。
実習も現場で行うなど、エアーライン業界のイマやトレンドなどが授業に反映されます。同じ業界を目指す後進を育てるという意識が高いため、授業熱心な方が多い印象もあります。

大学
専門分野の研究
している教授や准教授

学術分野で長年研究を行なっている教授や准教授、講師の方が授業をされています。
先生方はその専門分野の研究に精通され、深い知識を持っています。
その専門知識を活かした講義やゼミを受け持ち、これまでの経験を元にした指摘やアドバイスで学生の研究を導きます。

facility

施設・設備

専門学校
各専攻の実技のための
環境が整っている

専門学校では卒業後に、エアーライン業界にて即戦力になることを求められます。そのため、現場環境と同じ専門性の高い設備や機材が用意された教室があります。

大学
専攻を問わず活用できる
図書館等が充実

大学では講義が中心のため、イスと机が並ぶ一般教室が中心です。
研究室には実験器具などの機材もあります。その他、過去の研究や論文を調べるために図書館が充実しています。

step3

卒業後

step3 卒業後 step3 卒業後
employment

就職先

専門学校
憧れのエアーライン業界
専門職を目指せる

専攻していた専門職への就職ができます。
在学中に学んだことを実際に活かしながら実践を積み、よりクオリティの高いプロを目指します。
また、学校と業界・企業との連携が優れており、エアーライン業界のさまざまな職種の求人情報が豊富です。
在学中から現場で経験を積むことにより、エアーライン業界とのパイプが作れることも魅力の一つです。

大学
学部によって
就ける仕事はさまざま

学部により就職先が大きく異なります。
研究をともなう理系学部の多くはより専門的な研究・開発を行う業界に、文系学部の多くは総合職一般職など様々な業界に広く就職を目指します。
総じて人気の企業に応募も集まりやすく、倍率が高い傾向があります。

academic background

学歴は?

専門学校
卒業すると「専門士」
資格が付与される

専門士」とは、文部科学省が定めた総授業時間数や教育課程、課程終了の認定などの基準をクリアした、2年制以上の専門学校を卒業した人に与えられる称号です。

大学
卒業すると「学士」
資格が付与される

学士」は大学を卒業すると与えられる一般的な学位です。大学が定めた教育課程で単位を取得し、卒業論文や試験の合格を経て卒業すると付与されます。

relationship

周囲の人間関係

専門学校
同じ業界内での
コミュニティができやすい

同じ専攻を学んでいた学生は就職先も基本的に同業界になりやすいため、エアーライン業界内でのコミュニティができやすい傾向があります。
仕事をはじめ、クラスメイトから成長した同業者として、それぞれの立ち位置から見た仕事や業界に対しての意見や情報交換ができます。
また専門知識を持っての就職のため、職場の先輩や上司との知識の溝を感じることなくコミュニケーションできる傾向があります。

大学
先輩・後輩
つながりが強い

先輩・後輩のつながりが強い同じ大学の出身者を採用する企業も多いため、先輩・後輩のつながりが強い傾向にあります。
また、業界は多方面にわたるので異業種間での知り合いや友人も多くなるため、異なる視点を得るきっかけになったり、商機が広がるなどメリットもあります。