最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

CA(客室乗務員)になりたい方は必見!憧れのCAってどんな仕事?待遇は?

この記事をお読みになっている方の多くは、CA(キャビンアテンダント=客室乗務員)に興味、憧れを抱いていることと思います。そんな方々に今さら言うまでもないことですが、CAは昔も今も憧れの職業として常に上位にある人気職業です。
なぜこんなにCAは人気があるのでしょうか。その理由はさまざまですが、国際線のCAが世界中のお客様を相手にアテンドをしている姿、航空会社の制服を身にまとって颯爽と空港を歩く姿、機内で何か起きた時にもテキパキと動く姿・・・このどれを取ってもカッコいいと感じるものばかりなので、CAに憧れを抱く人が多くなるも当然でしょう。
実際に夢が実現してCAになったら、どんな仕事をするのか、どんな待遇なのか、そんな「CAの実際」を現役CAにお聞きした話も交えてリアルにご紹介します。

オープンキャンパス開催中!

憧れのCA(客室乗務員)・グランドスタッフのお仕事体験や、エアライン業界の説明会を開催しています。
エアライン業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

CAという呼び名は、実は和製英語だった

まず、CAという職業名について。実はこのCAというのは、和製英語です。Cabin Attendant(キャビン・アテンダント)を略してCAと呼ぶのはよく知られていますが、正しい英語ではFlight Attendant(フライト・アテンダント)やCabin Crew(キャビン・クルー)といいます。飛行機に乗っていると機長からCAの人たちに業務連絡が発せられることがありますが、その際にはCabin Crewと呼ばれていることが多いように感じます。
CAという日本での呼び名は、Cabin CrewとFlight Attendantを足して2で割ったようなものだということですね。

CAの本業は機内サービス

CAに与えられた役割は、お客様を安全、快適に目的地まで空の旅をしていただくことです。ここには大きく分けて、2つの意味が含まれています。
1つ目は、機内食の提供や機内サービスによる物品の販売など。これは飛行機に乗ったことのある多くの方が目にしたことのある業務です。実はCAに与えられた使命はもう1つあって、そちらのほうがむしろ重要です。
その2つ目とは、保安要員としての仕事です。飛行機は空を飛ぶ乗り物なので揺れることもありますし、離着陸時には衝撃を受けることもあります。そのため離着陸時にはシートベルト着用が義務づけられているわけですが、そのシートベルトが正しく装着されているかチェックするのはCAの仕事です。ベルトが少し緩んでいたりねじれているだけでもCAから直すように促される光景を目にすることもありますが、これもCAの保安要員としての職務です。
こうした平常時以外にも、CAは非常時にどう行動するべきかという訓練もしっかりと受けています。それが現実になることは稀ですが、いざそれが現実になった時にはCAは「おもてなしをする人」から「乗客の安全を守る人」になり、とても頼もしい存在になります。
気流が不安定な空域に入ると、飛行機が大きく揺れることがあります。揺れただけで飛行に危険が及ぶようなことはありませんが、不安になる乗客もいます。そんな時に「飛行には支障ございませんのでご安心ください」と冷静にアナウンスをし、それでも不安な乗客には寄り添ってアテンドをするといったこともあります。こんな光景を見ると、またCAにカッコ良さを感じる人が出てきても不思議ではないと思います。

CAだからといってお給料は特別じゃない?

このように機内ではありがたい存在であり、頼もしい存在であるCA。そのお給料事情はどうなのでしょうか。花形職業だけにきっとお給料も高いはず、と思われている方も多いことでしょう。
結論から述べると、CAも航空会社の社員なので、給与体系はそれぞれの航空会社の規定によって決まります。CAだからといって破格のお給料というわけではありませんので、まずその点は押さえておいてください。
一時期は人件費削減の一環で、CAの待遇があまり良くないことがありました。しかし、折からの航空需要の増加や採用競争力を高めるという意味からCAの待遇改善が進んでおり、今では一般的なサラリーマンよりも待遇が良いと言える状況になっています。
また、CAにはさまざまな手当てがあります。乗務手当やフライトの時間帯によっては深夜勤務手当、旅費日当(パーディアムといいます)、ボーナスなどなどがつくので、年齢が30代半ば頃になると年収500万円を超えてくるというのが標準的な収入モデルです。
サラリーマンの年収が300万円時代になったと言われる中、この年収は色々な手当てを含めたとしても恵まれている部分はあるかも知れません。

現役のCAに聞いてみた「CAってどう?」

仕事内容とお給料事情、CAについてさまざまな角度から解説をしてきましたが、一番気になるのはこうした事情を踏まえてCAとして働いている人がどう思っているのかということ。
そこで、現役CAとして働いている方々にお話を聞いてみることにしました。そこから得られた話をまとめると・・・
・お客様を守り、笑顔で過ごしていただくという使命感はとても大切
・CAはこの思いを共有しており、責任感に満ちた職場だと思う
・こうした思いで仕事に取り組んでいるだけに「ありがとう」と言われると感動が大きい
・目的地までのフライトだけのお付き合いでも、縁あって搭乗されたお客様に喜んでもらうことを日々考えている
・何事もなく安全運航を続けるための努力は終わらない
といったように、意欲と責任感にあふれるお話ばかりになりました。
それともうひとつ、本音の部分で得られたお話も紹介しましょう。
・CAの仕事には圧倒的なブランドイメージがある
・CAを退職してもそのブランドイメージをいかしてマナーやホスピタリティの仕事がある
・ホスピタリティの考え方はホテルマンと似ている
こうした本音を見ても、やはりCAという仕事の素晴らしさ、そしてCAとして活躍している人たちの誇りを感じることができますね。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動