最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

エアライン就職は機内以外にも!もうひとつの人気職業、グランドスタッフ

多くの方がエアライン就職と聞いて真っ先に連想するのは、CA(キャビンアテンダント)だと思います。今も昔も花形職業ですし、私たちが飛行機を利用する際に接する機会も多いので目立つということも理由でしょう。
しかし、エアラインを運営するには他にもたくさんのスタッフがいます。パイロットや整備士など飛行機自体の運用に関わっている人、空港で搭乗手続きや乗客の誘導などを担当する人など、これらすべてがエアライン就職です。
その中でも乗客と接する機会の多さで言えば、機内のCAに対して地上のグランドスタッフは双璧です。飛行機に乗る時の流れを思い起こしてみると、グランドスタッフに搭乗手続きや案内をしてもらって、機内ではCAにアテンドをしてもらうという流れになります。 そうです、どんな乗客も最初に接するのはグランドスタッフなのです。「地上のCA」とも言えるこの人気職業に、今回はスポットを当ててみましょう。

オープンキャンパス開催中!

憧れのCA(客室乗務員)・グランドスタッフのお仕事体験や、エアライン業界の説明会を開催しています。
エアライン業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

グランドスタッフは「地上のCA」

グランドという言葉の通り、グランドスタッフは地上業務を担当する職業です。私たちが飛行機に乗ろうと思うと搭乗手続きや手荷物預け、搭乗ゲートでの案内などさまざまな場面で航空会社の職員のお世話になります。こうした場面に登場する「航空会社の職員」が、グランドスタッフです。
グランドスタッフもCAと同様、それぞれの航空会社の制服を着ていますので、誰がどこの航空会社のスタッフなのかはすぐに分かるようになっています。この制服というのがひとつのポイントで、エアライン各社のカッコいい制服を着る仕事がしたいというのも、エアライン就職を希望する人が多くなる理由のひとつとなっています。
CA=女性というイメージが強いせいか、グランドスタッフも女性の職業というイメージがあります。しかし実際にはCAであってもグランドスタッフであっても男性は少なからずいます。重い荷物を運ぶこともありますし、ハンディのある乗客のアテンドで車椅子を押したり運んだり、といった業務もあります。こういった業務は男性の得意分野なので、グランドスタッフ=女性の職業というわけではありません。

グランドスタッフになるには何が必要?

グランドスタッフは、CAと同様に接客が業務の多くを占めています。そのため語学力はある程度必要になります。国際線であればもちろん、今や国内線であっても外国人乗客がとても多くなっているので、最低限の英会話は業務上必要になると思っておいてください。
さらに、最近では訪日外国人客の増加に伴って英語圏以外の乗客と接する機会も多くなっています。特に中国系のエアラインであったり中国語圏の乗客が多いエアラインだと英語よりも中国語の会話力が威力を発揮すると考えられます。福岡空港は韓国便が多いので、韓国語の語学力も就職のポイントになると考えられます。
語学力とは別の次元の話として、接客を伴う職業であることもあってコミュニケーション能力はキャリアアップに欠かせないものとなります。飛行機が定時運行されることは決して当たり前というわけではなく、すべての乗客が定刻までに搭乗を済ませて離陸できる状態になってはじめてできることです。
スムーズな運航にグランドスタッフの働きが及ぼす影響は大きく、乗客に安心して飛行機に乗ってもらい、目的地に向かってもらうことは大切な役割です。

グランドスタッフになる方法

グランドスタッフの就職先は、エアライン本体とは限りません。一部の航空会社ではエアライン本体が募集をしているケースも見られますが、多くは地上業務を担当する専門会社を立ち上げており、グランドスタッフはそこの社員という形になります。そのため、就職活動はそれぞれのエアラインがグランドスタッフを募集している会社に対して行うことになります。
それ以外には、人材派遣会社からグランドスタッフの求人に応募する方法もあります。航空会社が人材派遣会社に対してグランドスタッフの求人を出していることがあるので、派遣会社に登録しておけばこうした求人に出会える確率は高くなります。派遣というといつまでも腰掛けのように思う方も多いと思いますが、紹介予定派遣といって一定期間の派遣勤務を終えて問題がなければそのまま正社員として雇用される形をとることもできるので、グランドスタッフになるルートはさまざまです。

グランドスタッフの魅力とやりがい

CAになりたい人が感じている魅力と、グランドスタッフになりたい人が感じている魅力には、似ている部分があると思います。難関の人気職業に就いて、憧れのエアラインの制服を身にまとって活躍する姿というのは、夢の実現そのものです。
グランドスタッフが接する乗客とCAが接する乗客というのは地上か機内かの違いだけで同じ人たちなので、国際化がますます進む日本の最前線で働くことになります。
また、日本の最前線であるのと同時に、グランドスタッフは乗客が最初に接するエアラインスタッフなので、航空会社にとっての最前線でもあります。航空会社のイメージに関わる仕事だけに、やりがいも十分です。
やりがいだけでなく、グランドスタッフにはキャリアアップの道もしっかりとあります。旅客サービス部門でのキャリアアップはもちろん、運行管理者補佐など航務サービス部門での道もあるので、CAよりもキャリアアップの選択肢は広いと言えるでしょう。

グランドスタッフへの扉を開こう!

魅力いっぱいのエアライン就職、グランドスタッフになるためには何を学ぶべきでしょうか。語学力やコミュニケーション能力など、必要になる能力を挙げてきましたが、もちろんこれだけではありません。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校には、2年制の「グランドスタッフコース」があります。主なカリキュラムには航空業界の必須知識や英語力、コミュニケーション、そしておもてなしに必要なホスピタリティなどが含まれており、グランドスタッフとして「就職すること」だけではなく、その先にある「活躍すること」を目的とした構成となっています。
学生にうちにできるのは、将来のために多くを学ぶこと。憧れのエアライン就職を現実のものとするために、大きな一歩を踏み出してみてください。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動