最高のホスピタリティと日本のおもてなしを学ぶ、福岡にあるブライダル・ホテル・エアライン・IR&カジノの専門学校

Column 知って得する業界コラム

やはり気になる容姿とエアライン就職との関係、その真実は?

エアライン就職の中でもとりわけ目立つ職業であり、人気職業の代表格なのがCA(キャビンアテンダント=客室乗務員)です。CAになりたい!という憧れを抱いている方はとても多いと思いますが、その時に必ず一度は思うことがあります。
それは、容姿との関係です。航空会社の制服を身にまとい、凛とした姿で活躍しているCAを見ていると、「やっぱり美人じゃないと無理か」と思ってしまう人もいるでしょう。
この問題は永遠のテーマとも言えるもので、以前からさまざまな噂がまことしやかに囁かれてきました。もちろん、航空会社が「容姿端麗な方を募集」などと採用条件をアナウンスすることはありません。しかし、これは表向きのことであって実際には違うのでは?と考えてしまうものです。
さまざまな噂や憶測も含めて、多くの方にとって気になるエアライン就職と容姿の関係。実際の採用現場ではどうなっているのかを解説しながら、真実をお伝えしたいと思います。

オープンキャンパス開催中!

憧れのCA(客室乗務員)・グランドスタッフのお仕事体験や、エアライン業界の説明会を開催しています。
エアライン業界について詳しく書かれた学校案内パンフレットも無料でお届けしています。

「身長160cm」という応募資格がある(あった)理由

容姿についての採用基準は設定されていなくても、身長には一定の基準が設けられていることがあります。最近では減りつつありますが、「身長160cm」であることを応募資格としている航空会社はたくさんあります(ありました)。
実はこれには、2つの理由があります。1つ目の理由は、お客様の荷物を頭上の物入れに入れる際に手が届かなければ仕事にならないというもの。大半のお客様は自分で荷物の出し入れをすると思いますが、混雑時や背の低い人、高齢の人など自分で荷物を頭上の物入れに出し入れできない人へのアテンドはCAの必須業務なので、そこに手が届く基準が「身長160cm以上」となるわけです。
もう1つは、保安上の理由です。先ほど述べた頭上の物入れは、航空会社で働く人たちの間では「オーバーヘッドコンパートメント」「オーバーヘッドビン」と呼ばれるスペースで、ここには非常時に必要な備品が入れられています。
非常にCAは保安要員として重要な存在となるので、ここに手が届くことは安全を守るために重要なことなのです。

身長の資格制限は今後なくなっていく?

日本人女性の平均身長は158cm前後と言われており、平均的な身長の人はCAの就職試験に応募できないことになってしまいます。身長が160cm未満の人は応募すらできないのかというと、そんなことはありません。
例えば、その人の持つ雰囲気や人柄がCA向きであり、航空会社も採用を検討しているとしましょう。その人の身長が158cmで2cm足りなければ問答無用で不合格にするかというと、実際には採用となるケースが大半です。身長が少し満たないくらいでは不利にならないということです。
また、最近では飛行機の機体にも改善が見られます。座席の横に付いているフットステップを使うと身長が足りない人であっても物入れに手が届くようになっているので、身長のハンディはますます無くなりつつあります。それに加えて飛行機の中型化、小型化が進んでいるため、そもそも身長が160cmなくても手が届く機体が主流になってきています。
この傾向が進むと、身長160cmという基準は過去のものとなっていくことでしょう。

やはり気になるのは、容姿との関係

身長は何cmという数値によって評価できるデータですが、容姿となるとそうはいきません。主観によって評価が分かれるものであり、採用に関わる人が1人ではないことを考えると、ある1人が採用といっても他の人が不採用だと判断してしまうこともあるでしょう。そんなあいまいなものを採用基準にしてしまうと採用活動自体が不安定になってしまい、CA向きではないような人が採用されてしまう恐れもあります。
お客様に対する最前線で働くCAに、もし不適格な人を採用してしまうと航空会社のイメージダウンにもなってしまうため、大きな損失となります。
こうした理由で、エアライン各社は容姿よりも「話しかけやすさ」「その人が持つ雰囲気」、さらに「おもてなし精神」などを重視しているのです。
容姿は生まれつきの部分が大きいと思いますがエアライン各社が現実問題として重視しているこれらの要素は、意識の持ちようで磨くことができるものばかりです。
福岡ウェディング&ホテル・IR専門学校の「キャビンアテンダントコース」では、こうした就職事情を踏まえた総合的なホスピタリティを身につけるカリキュラムを取り入れています。容姿よりも大切なものを、このコースでしっかりと身につけていただきたいと思います。

CAの職場はファッションショーではない

CA就職を考えている方の中には、容姿のことを必要以上に気にする方がいます。そんな方に知っていただきたいことは、「CAの職場はファッションショーではない」ということです。容姿が美しいだけで務まるほど、CAの仕事は簡単なものではありません。お客様にアテンドするためのコミュニケーション能力などはもちろん、非常時には保安要員としてお客様の安全を守る大切な役目もあるので、航空会社も能力重視でないと採用活動などできないでしょう。
CAとして必要なスキル、身のこなし、立ち振る舞いなど、就職試験の時点で完成している必要はありません。こうした能力や資質があって、今後さらにそれを伸ばすことができる人かどうかを、航空会社の採用担当者は見ているのです。

他のおすすめ記事一覧

このページの上部へ移動